About Me 自己紹介

このサイトLive a good life(リブアグッドライフ)は、人生の質を高めるための旅をしながら世の中にない仕事のあり方にチャレンジするライフクリエイター西村祐子のオフィシャルブログサイトです。「自分らしく生きていきたい」と思う人に、よりよく生きる、その手助けとなるような、生活のあり方や働き方、旅の楽しさやもろもろ、私の思っていることやアイデアを余すところなく紹介していきます。

何をやっている人?

  • 「ゲストハウスプレス」編集長
  • あたらしい旅と暮らしの発信基地 Wanderers! 運営者
  • 旅と暮らし関連のWeb・イベント企画提案/コンサルティング
  •  …&「からだからこころを変える」ボディセラピスト

2005年より独立してボディセラピーの個人サロンをスタートさせてから、どうやって(雇われずに)働くか?それを第一目標に、とにかく必死に動いていたら気がつけば自分が何者かよくわからないような状態になっていました。上記全部がわたしの仕事であり、ライフワーク・趣味でもあります。

ゲストハウスプレス編集長(取材・編集・ライティング)

フリーペーパーの発行やメディア発信をしている「ゲストハウスプレス」の編集長として、企画編集業務を行っています。主な媒体はソーシャルWebメディアgreenz.jp、雑誌・月刊ソトコトなど。鉄道会社、旅行会社等の特集記事企画から執筆まで担当することもあります。また『まちのゲストハウス考』(学芸出版社)にも数ページ記事を書かせていただきました。

また、ゲストハウスや日本の旅・地域づくりをテーマにしたイベント登壇なども行っています。主催イベントの他、ホステル企画のイベントや都道府県の空き家対策/移住支援関連部署とのお仕事もさせていただいております。
取材・執筆・講演等のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いいたします。

あたらしい旅と暮らしの発信基地Wanderers!

2017年より大阪を拠点にあたらしい旅と暮らしの発信基地Wanderers!(ワンダラーズ)をオープン。
日本の旅をリノベーションする!を合言葉に、「暮らすように旅する、旅するように暮らす」をテーマにしたあたらしいかたちの旅スタイルを提案する場を提供し、各種イベントやワークショップなどを行っています。

旅と暮らし関連のWeb・イベント企画提案/コンサルティング

こちらで紹介している関連サイトは全て自ら制作まで担当しています。効果的なWebサイトをつくるって結構大変なことで、特に個人事業や小規模事業者で仕事に繋げるといった場合は、ここが肝心といっても過言ではありません。「あなたは何故この仕事をするのですか?」ということを深堀りしていく必要があるのです。スピード重視でサイト制作したい人には向きませんが、じっくり取り組みたい方にはよいかと思います。興味が湧いた方はお声がけください。

旅企画立案・運営

今の日本の旅の形態は全然イケてない!これ、あかんやつや〜と密かに思っています。旅が昭和で止まってる。昭和はいい時代でしたが、旅のあり方はもっとバラエティに富んでていいと思うし、旅そのものをもっと「生き方」と関連づけて、深い学びの場にもできる。そう思ってさまざまな企画を行っています。もともとはセラピスト仲間3人と運営してきたDOORSドアーズ。こころのドアを開く旅、というサブタイトルで、国内外のプログラムを企画・催行してきました。2017年より日本の「旅」の概念を変えていく新しいプロジェクトをスタート予定。

ボディセラピスト

ボデイセラピーサロンモアナブルーという海辺の個人サロンを12年運営していました。2016年末にていったんこちらのサロンは休止。現在は自分のサロンは持たず、大阪中心に5〜10回受けていただくコース制の出張施術を行っています。自分のベースになっている技術や考え方は、この仕事からスタートしています。(過去ブログ:ボディセラピストの毎日

 

Travel history  旅履歴

昔のはここで。ちなみに海外旅行だけで30回以上渡航しているはず。

日本国内は47都道府県完全制覇はとっくの昔に終わっていて、メインの観光地と呼ばれるところにはほぼ行ったことがあるはず。それも仕事がらみじゃなくほぼ完全プライベート旅で成し遂げているのが密かな誇り。国内・海外ともに違う魅力があって、どちらがいいとか悪いとかではないけれど、日本は自然と食が素晴らしいので、もっともっと旅を楽しめる場所になるのにな〜と常々思っています。

profile   過去の経歴など。

そろそろ自分の歴史も長くなってきました・・・・。若く見られがちではありますが、実際はアラフォーどころかアラフィフが確実に見えてきているわたし、掘り返せばあんなことやこんなことをやってきたな〜としみじみ。というわけで簡単に過去の経歴なぞ。

無印良品で店長やってた時代(1990年代)

大学を卒業して新卒で入った会社が、株式会社良品計画というところでした。今や世界に誇るMUJI ・無印良品の会社ですね。ブランドとしてはもう確立していましたが、当時はまだ西友の子会社で独立して数年という、会社としては吹けば飛ぶような時でした。そこに運良く入れていただき、6年ほど勤務。神戸や大阪の無印良品の店舗で店長をしていた20代。いやー楽しかったけど大変でした!けれども、このときにいろいろ会社組織というものや、スタッフを持って働くということ、経営というものを肌で学んだことは本当に貴重で、今も自分の力に確実になっているなと思います。

旅に目覚めた20代

その頃、流通業特有の平日休みを活かして旅に目覚めます。
初めて一人旅をした屋久島があまりにも楽しくて、そこで起こった出来事を旅行記に書いて、当時生まれたばかりのインターネットというものでちょこっとばななん放浪記というサイトをつくってました。かなり人気サイトになっていたようで先日も「懐かしい!」といって掲示板の常連さんだった方からメールいただいたり、沖縄のゲストハウスで「ファンです!」っていう人に巡り会ったり。もうなくなってしまったけど、日本全国を原付カブで巡ったリトルカブカブツーリング日記ってのもつくったりしてました。国内だけじゃなく、タイを中心にアジアへもよく行ってました。

Webディレクター時代(2000年代前半)

無印を辞めてぼんやりしてた頃に、東京でインターネットを使ったマーケティング会社を立ち上げていた友人に誘われ、IT業界に。もともとパソコン通信(もはや死語の世界。知ってますか?)での友人たちだったので、そこでのチャットの早さ能力が買われたか?

2000年頃、ちょうどなんとかバレーとか言って、楽天やライブドアなどインターネット黎明期、みんなが新しい時代の始まりを予感し、動いていた頃。いくつか大企業のサイト企画運営や、裏方業務を担当してました。結構楽しかったのですが、この頃からからだを本格的に壊してしまい、休養しているうちに、人生ががらっと変わることに。

ハワイ島マッサージ学校留学時代(2004〜5年)

2004年、いろんなことをリセットして、もう会社勤めは体力的に厳しいと悟った私は、手に職をつけるため&自分のからだを知るために、マッサージの技術を学びはじめました。タイマッサージを皮切りに、リフレクソロジー、そしてハワイ島で1年半、本格的なメディカルマッサージを学びました。野生のイルカと泳ぐことにハマっていてそれが縁でハワイ島へ流れ着いたわけですが、学校はめちゃめちゃ勉強が大変で宿題だらけでイルカと泳ぐどころじゃない日々が続きました。

けれど、そこで学んだ技術は、10年経った今でも最先端かつスピリチュアルな力と西洋医学の知識を組み合わせたユニークなもので、日本ではほとんど学ぶことができない、モアナブルーで行っている唯一無二のセッションの根源の力、自信につながっているので、本当に学ぶことができてよかったなあと思います。(20年以上続いていたのに数年前に残念ながら学校はなくなってしまいました・・・今と思えば今!しかないんだな〜と改めて思います)

開業〜三浦半島海辺のサロン経営時代(2005〜2016年)

2005年、留学から帰ってきて住んだのが神奈川県三浦半島・秋谷。葉山御用邸から南へ車で5分程度、山の上には別荘地もある風光明媚な場所でした。縁もゆかりもない場所でしたが、ハワイ島時代からサロンをやるならこのあたりと決めていて、運良くサロンを開業することができました。

今の一軒家サロンになったのが2007年で、そこから現在まで延べ5000人以上のお客さまのからだとこころのケアをしてきました。ひとりでサロンを運営し続けるのは、精神的にも金銭的にも苦しいときがありましたが、なんとかいろいろ試行錯誤しながらやってきました。その中の活動のひとつが、旅企画ユニットDOORSであり、ゲストハウスプレスといった取材・執筆活動だったり、2011年以降3年くらいは東北支援のボランティア(ふんばろう東日本支援プロジェクト)の後方支援も精力的にやっていました。

2015年頃から、取材活動で全国を旅した経験を通して、地方都市や特定の地域でなんだか面白いことが起こっているぞ、と感じ、自分もその中に入ってみたい、と地方移住や拠点を多く持って活動する、ということに興味を持ちはじめ、実行に移してみたのでした。

多拠点居住へのトライ〜大阪Uターン移住(2016〜2017年)

ご縁あり半年間高知・神奈川に加え実家の大阪と3拠点をあれこれ移動しながらこれからの自分の理想のライフスタイルを考え続けてきましたが、少しばかり家族の事情も考え、また、まったく新しい活動をしたいと思ったため、サロンを閉め、次にやりたいこと・やるべきことだと自分が感じるものが決まるまであれこれ動いてみようと活動しました。自然大好きなわたしでしたが、高知・土佐山の生活を通じて、人とのコミュニケーションのあり方の部分で「あー自分は根っからの都会っ子だなあ」ということも感じ、身の丈にあったこころに余裕のある暮らし方を考えたときに、地元に戻って新たな活動をする選択肢が見えてきたのでした。

事務所兼旅の発信基地オープン(今ココ)

「何をするか」決めずに、でもまったく就職するつもりなんてないまま大阪に拠点を移し、勢いと良き物件との出会いがあり、事務所兼開かれたスペースとして使える空間を手に入れました。これからこのスペースをWanderers!という名称で整備し、ここから新しい活動をしていきます。

 

====

このサイトでは、ニシムラユウコの今までの人生における紆余曲折のことも時折紹介しつつ、わたしが旅したときの記録や情報を発信していきます。単なる旅情報だけではなく、その先にあるもの、何かピンと来るものや共感できるようなことを見つけていただけるとうれしいなと思っています。

アメリカ・ホワイトサンズ国立公園

 

Social Share