1-Travel 旅 1.02.2 Taiwan 台湾 1.7-7 LCCの旅

台北・雨の士林夜市に行ってきました!

士林夜市は台北最大のナイトマーケット

こんにちは!ワンダラーユウコです。2019年2月に行った台北の様子をお伝えしています。

 

 

台北で夜市というとまず最初に挙がるのがここ士林(しりん)夜市。規模が大きく食べ物屋台だけでなくお土産物や衣服雑貨ほかなんでもある巨大なマーケットで知られています。

私はこちらに来るのは初めて。というのも、台北駅から地下鉄MRT淡水線で20分くらい北に行ったところにあるので、なんとなく「わざわざ」感があったから。それに巨大過ぎて1日では回れないという話も聞いていたので、ちょっと立ち寄るくらいだと面倒だなーと思っていたため。

ですが、やはり一度くらいは行っておきたいな、と思って雨の日の夜、思い切って向かうことにしました。

士林市場アーケード入口

地下鉄MRTの最寄り駅は淡水信義線(レッドライン)「劍潭」駅です。だいたい徒歩5分くらいでこのアーケードエリアに到着します。人の流れに乗っていけばOK。途中の屋台でも結構たくさん行列ができてました。近くのビルも若者向けのアディダスとかのショップが立ち並んでいてとにかく人でいっぱい!です。

メインの入り口はアーケード街 お土産ものやゲームなど

士林市場と赤く光る看板の奥はアーケード街になっています。こちらのメインはお茶やファッション雑貨などとゲーム屋台みたいな感じ。地下一階が美食区と書かれていて食事系は地下にあるようです。

到着したのが午後9時過ぎとかだったと思うけど、そこそこ賑わってました。土曜日でしたが雨なのにすごい人。

ゲーム屋台は子供に人気

景品目当て?子供麻雀みたいな屋台もありました。かしこそうな少年がハマってたけど、結構遅い時間なのにいいのかキミたち。

あまり見かけなかったけどここでは金魚すくいもありました!

わたし実は金魚すくい結構得意なので、ちと腕試し・・・と一瞬思ったけどやめた。誰かといたら自慢気にチャレンジしたかも(笑)

雨の士林夜市:紹介動画もありますよー

夜市の中に突然あらわれる豪華なお寺

アーケードを抜けてまだまだ続く屋台ゾーン。歩いているとライトアップされた豪華なお寺が出てきました!

慈諴宮というお寺で、ちょうどまだ旧正月が終わったばかりくらいだったからかとにかくすごい赤い提灯がたくさんあってきれいでした。夜遅かったからか境内に入れないようになっていた気もするけど、単に雨が降っていたから人が少なかったのかもしれない。

   

この時間帯は、急に雨が本降りになってきて、ホステルで借りたビニール傘があってすごく助かりました。

こういう根性ある子どもたちもいたけれど!

台湾 郵便ポスト

フォトジェニックな郵便ポスト

美味しそうな屋台スナックいろいろ

伝統ある夜市のため、近くのお店もかなり歴史ある名店(風)が多かったです。

お茶屋さん。漢字がわかるのである程度どんな内容かわかるんですが、オーダーするときに読めないので困るんですよね(笑)書いて渡すか、指差しして、右から1.2.3(イー、アール、サン)とか言ってわかってもらったりします。

ちなみにこの看板だと奶茶っていうのがミルクティのこと。緑奶はグリーンティーのミルクティですね。右側の青草茶とか苦茶あたりは薬草系のお茶、真ん中の2つはクコの実とたんぽぽの根のお茶と想像。(枸杞茶はクコの葉のお茶みたい)

こちらは豆花のお店。雨じゃなければ座って食べたり飲んだりしたかったけど、人も多くてお腹もそれなりに溜まっていたので断念。

それにしても人が多い。若い人が多い印象でしたが、お店によってはおじいちゃんみたいなお年の方もいましたよ。

揚げ物屋台

台湾おでんのお店

 

夜に強い標準レンズ(SEL5518Z)をつけていたので、もっといろいろ撮りたかったのですが、人通りが多いなか傘をさして一人で歩いているとあまり集中できず。でもそのぶん雨に光る感じとか出てそれはよかったかな。

地下の美食区で軽く夜食!
蚵仔煎(牡蠣オムレツ)は台湾ビールのお供に最高

来たときは軽く食べてたので食指が動かなかったのですが、うろうろ歩いていると小腹が空いてきました。ちょっと休憩のためアーケード街に戻り地下の美食区へと行ってみることに。

水槽つきの海鮮屋さんなどもありましたが、奥のほうにあった牡蠣オムレツの店にチャレンジしてみることにしました!「蚵仔煎(オアジェン)」というそうで、小ぶりの牡蠣と大陸妹などの葉物野菜を鉄板の上で炒めた後、水でといた片栗粉と溶きたまごでオムレツ状に仕上げた料理。仕上げにピンク薄茶色の甘辛ソースをかけていただくのが台湾式。 

 

それと、きゅうりの漬物(にんにく和えみたいな感じだった)を注文してしばし待ちます。

待っている間にやっぱり「ビールください」となって台湾麦酒でひとり乾杯。

 熱々の鉄板で焼けた牡蠣オムレツもやってきていただきます!

もちもちの生地が結構おなかにたまります。ソースはちょっとピリ辛で美味しい。ビールが進む系の味です。

ちなみにあまり台湾では食事とビールを一緒に頼めるところが多くないそうで。わたしはアルコールをそこまえ多く飲まないので気にならないけれど、食事には絶対お酒!という人は屋台などでは要チェックです。

参考リンク:
台湾・士林夜市のB級グルメを食べまくり!おすすめのモデルコースはこちら

雨の士林夜市もなかなか楽しめる!

雨で行ったら大変かなーと思いながら訪れた士林夜市でしたが、アーケード部分や地下の美食街などもあって、濡れずにすむところも多くて全然普通に楽しめました。傘が必要なエリアもたくさんあって、混んでいると傘同士がギチギチなんてときもありそうですが、その光景もまた旅の思い出としてはよい感じ。根性でカッパな人が多いのも日本にはないなあ〜とか。

士林夜市は食事メインというよりは、個人的には別のところで夕食を食べて、その後ふらっと訪れて少しおやつっぽいものを嗜むのが正しい楽しみ方のように感じました!まだ行けてないところもあるのでまたこんどは奥地へも探検してみたいと思いました!

士林夜市

 

撮影機材

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like