1-Travel 旅 1.02.2 Taiwan 台湾 1.6 ゲストハウス 1.7-7 LCCの旅

スターホステル台北駅(Star Hostel Taipei MainStation)台北ステイの定宿に決定!

台北のおすすめゲストハウスは台北駅裏のスターホステルで決まり

こんにちは!旅人ワンダラーユウコです。ゲストハウスプレスの編集長として、2018年あたりからは日本だけでなく海外のゲストハウス/ホステルに視察を兼ねて宿泊しています。いろんな特徴や種類があって楽しいのですが、台湾のゲストハウスは日本の感覚ととても近く、おしゃれで使いやすい宿がたくさんあります。

そのなかでもこちら、スターホステル台北メインステーションは超オススメ、個人的に台北ステイの定宿にしたいホステルとなりました。どんなところなのか、立地や特徴などご紹介していきますね。

スターホステルの滞在は二度目。

去年も訪れていたこちらの宿。台北駅から歩いて行けること、共有ラウンジが広くて過ごしやすかったこと、スタッフやインテリアなど温かみがあり押し付けがましくない雰囲気が気に入り、今回もこちらにお世話になることにしました。

前回の旅の様子はこちらで

 

各種ホステルアワードも受賞している実力ホステル

ブッキングコムをはじめ各種予約サイトで世界トップクラスの評価を得ているこちらの宿。ホステルワールドでは「Best Large Hostel Worldwide」(大規模ホステル世界部門)のベスト10にランキングされるほど。宿泊日が予定ギリギリの場合は100名以上泊まれるはずなのに満室で泊まれない、なんてことも度々あったほど。

 

スターホステルの特徴と良いところは?

そんなわけで大変評価の高いこのゲストハウス、いったいどんなところがよいのか?特徴とわたし個人が気に入っている点をご紹介します。

 

木をふんだんに使った内装と広大な共有ラウンジスペース

スターホステルの入口は、慣れていないと大変わかりにくいです。なぜならかなりボロっとした年季の入った商店街のビルの4.5Fにあって、一階はエレベーターしかないから。(ちなみに3Fは別のホテルが入っている)

香港なんかにはよくあるスタイルですが、日本だと一棟まるごとビルがホテルなりホステルになっている場合がほとんどなので、知らない人はびっくりするかもしれません。

スターホステル1Fエントランス

で、おそるおそる銀色のエレベーターに乗ってレセプションのある4Fまで上がると、現れるのが木でつくられた小さい小屋。

この小屋の隣にレセプションがあります。

チェックイン時には、iPad miniをつかって、各国語で注意事項を確認するように求められます。スタッフも何度も同じことを言うの大変だからこういう効率化はわたしは「アリ」だと思ってます。

ちなみにこちら、こんなにいろいろシステマチックなのに支払いは「現金のみ」なのでご注意を!(最近カード払いばかり選択してたので前払いするとき所持金ギリギリで焦った)

レセプションエリア

レセプションの奥を抜けるとそこからが宿泊者専用ゾーン。

ここで各部屋/ベッド毎に割り当てられた下駄箱に靴を入れます。

かなり圧巻の光景!下駄箱のなかにはスリッパが入っていて、館内はそれで移動します。ちなみにチェックアウト時にはこの前に置かれているカゴにスリッパを入れるのですが、それを全てスタッフが毎日消毒スプレーで拭いている作業を見ることができます。こうしたクリンネス作業を業者任せにしていないところまたすごい。

で、その後現れるのがこちらのドア。

下駄箱を抜けたところにある大型自動ドア

どーんと存在感のある木製ドア。朝から昼にかけては開けられているのですが、夕方以降はこうしてカードキーをかざさないと入れない自動ドアがあってセキュリティも万全。

で、扉が開くと飛び込んでくるのがこの光景なんです。

ひろーい!右手にテーブルゾーン、奥にまたまた小さな小屋っぽいもの(上階にも上がれる)左手は吹き抜けを活かしたくつろぎゾーン。あちこちにグリーンも置かれていてさわやか。

自由に使えるキッチン

大きなキッチンもあります。かなりちゃんと調理器具も食器も揃っているので、自炊生活をするのも全然いけそう。(朝はついてるし夜は夜市があるからあまり使ったことはないけれど)

ときどき簡単な料理ワークショップなども行われているみたいです。

夜のラウンジはこんな感じ。曜日によって映画を上映してたり、奥の画面はプロジェクタ使ってゲームしてますね。当然Wi-Fiもバッチリで仕事も捗る。

夜はこんな感じ

吹き抜けになっているエリアのまわりに居室がたくさんあります。

上階にドミトリーと個室が多数並んでいます

廊下にはちょっとしたアートや給水器なども置かれてあって気が利いてる!

押し付けない親切さとかゆいところに手が届くアメニティ類

これだけ大型のホステルですから、長期間ならともかく数泊ここに泊まったからといってスタッフさんと顔見知りになって仲良く・・という感じではありません。そういう意味では小規模ゲストハウスのようなFace to Faceなコミュニケーションはほぼないのですが、その分間接的なというか必要十分な情報がレセプション前や朝食提供をするカフェエリアにたくさん掲示されています。それが手描きだったり、ホステル独自のオリジナル情報だというのもまたうれしくなるポイント。

こちらは台北の観光局がつくってるかわいいマップ。日本語版のほか5ヶ国語ぐらいに対応していたきがする。日本のホステルのフライヤーも数カ所置かれてました。スタッフの方が泊まったときに置かれたのかな??

外に出ればすぐ近くにセブンイレブンもあるのですが、売店も充実してます。

デザイン性の高いポストカードのコーナーもあります。

絵葉書コーナー

素晴らしいのは、その下にポスト(たぶんお手製)があって、そこに海外宛の切手の値段の目安などが書かれてあること。きっと切手もレセプションで販売しているのかと。こういうかゆいところに手が届く感じが素晴らしい。さりげなく、しかし必要な情報が網羅されているという。

小さめのドミトリーが複数。個室も多くタイプを選べる

わたしは2度宿泊し、両方とも「女性専用ドミトリー」を選びました。だいたいそのカテゴリーは6人部屋になるみたいです。二度とも同じあたりの部屋を指定されました。

個人的にカプセルタイプ(頭を奥にする二段ベッド)よりこの横向きに寝るタイプのほうが好みなので、このタイプはうれしい。

ベッドのマットが布団じゃなくてちゃんとベッドマットで、布団は薄手だけどちゃんとお布団になってて寝やすかったです。(海外ではたまにシーツが掛け布団というパターンもあったりするので)

手元の電源はユニバーサル仕様。ひとつはUSB。別にベッドライト、上にちょっとした小物を置ける台もあって完璧!

どうも台湾のエアコンには「暖房」というのがないようで、ちょっと寒いこの時期ヒーターが置かれてありました(使わなかったけど)。

あと部屋の中に個人専用の大型ロッカーがあったのもポイント高い。キーもドアのカードキーと共用で開閉できるから便利でした。

カードキーでロックできる大型専用ロッカー

朝食付きの価格なのにその朝食の質がピカイチ

価格もそこまで高くない(日本円でドミトリー2,500〜3,000円程度、台湾価格だとやや高めくらい)のですが、すべて朝食つきの値段となっていて、その内容がまたなかなかなんです。

基本パンとプチサラダとフルーツの組み合わせですが、毎日違う内容が出てきてうれしい。

  

朝食会場の雰囲気もちょっとしたカフェっぽい感じで和める。(電源も各所にあり)

こちらは違う日の朝食。オレンジジュースが100%じゃないかな、とか細かいところでちょっぴり残念なところはありますが、全体的にコスパがやばい、という感想しかない。朝ごはん、台湾は外にお粥とか食べにいく選択肢もアリなんですが、居心地良すぎて毎回こちらに来ると朝食はいただくことになってしまいます。

頑丈なセキュリティと清潔感あふれる館内 

部屋も入口もそんなわけでセキュリティ万全なのと、もとはふるーいビルを徹底的に白くリノベーションしているので清潔感にあふれています。

さらに木をふんだんにつかった内装、床もフローリング風のタイル床材とかじゃなく(最近多い)ちゃんと木を使っているのがえらい。

大型ホステルなのに人が混雑している感がなく静か

個室も多く、かなり多くの人が泊まっているはずのホステルですが、今日は満室、って書かれてある日もラウンジは結構静かだったりするんです。わたしもそうだけど夜は夜市とか行く人も多いからかな?朝もわたしはスロースターターだからか、朝食時に来てもそれほど人がわいわい押し寄せる感じもなくちょうどいい具合。

みなさんお話をしてないわけではないんですが、それぞれ思い思いに静かにくつろいでいる感じがあって、それが心地良いなあと思うのです。

ちょっとだけ残念なところ

そんな大絶賛ホステルなのがこちらですが、ひとつだけ(すぐにどうにかなるものではないものの)ここは残念っていうところがあって。

それが「シャワーの数」。こんなに人が多く泊まるのに2Fにあるシャワーが女性専用が2つ、共用が3つだけで、時間を見計らわないと使用中のことが多いんですよね。洗面スペースやトイレの数は問題ないしめちゃめちゃ清潔だし、アメニティも充実してて全然文句ないんですが、そこだけがすこしだけ残念なところ。

とはいえ、時間をずらして使ったのでわたしはそんなに「待ったわ〜」ってほどストレスを感じたりはしませんでしたが。

全体的に素晴らしい。また泊まりたくなるゲストハウス

そんなわけで、台北にはほかにもたくさんゲストハウス・ホステルががあるにもかかわらず、きっとまた次も台北駅周辺に泊まることがあればここにしてしまうに違いない。

歩いていける寧夏夜市のごはんも美味しいし、MRT(地下鉄)や、最近開通した空港からの直通鉄道の駅もすぐだし。Airbnb的な宿は一週間以上の滞在や友人や家族など複数でシェアするときは最高によいですが、短い時間でぎゅっと濃厚な時間を過ごす短期一人旅では、宿の快適性に加えてやっぱり交通の利便性も考慮に入れるので。

というわけで、みっちりご紹介してみました。(ステマじゃないっす)この記事が評判を呼びまくって予約殺到してなかなか泊まれなくなるなんてことがないといいけど・・・😊興味が湧いた方、ぜひ泊まりに行ってみてくださいね〜。

 

Star Hostel Taipei Main Station

 

Booking.com での予約

こちらから価格確認や予約も可能です〜

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like