1-Travel 旅 1.02.7 Korea 韓国 1.6 ゲストハウス 1.7-7 LCCの旅

ソウル仁寺洞近くのビビンバゲストハウスは韓屋の静かな個室ゲストハウス

イクソンドンの中にある韓屋ゲストハウス

今回の2日間ソウル弾丸旅ではあまり時間がないので的を絞ってまち歩きしようと思っていました。そこで見つけたのが最近流行っているイクソンドン(益善洞)の真ん中にあるビビンバゲストハウスでした。

イクソンドンの記事参考:
ソウル・益善洞ーイクソンドンは韓国・韓屋リノベーションの最新スポット

ソウル・益善洞ーイクソンドンは韓国・韓屋リノベーションの最新スポット

韓屋とは?

ハンオクとかハノクとか呼ばれますが、こちらは韓国の伝統的な家屋のこと。日本でいうところの古民家的な感じな使われ方をしているのかな。

 

韓国の伝統建築スタイルで建てられた家を韓屋といいます。韓屋には瓦屋根の家と藁葺き屋根の家があり、今日でいう韓屋は一般的に瓦屋根の家を指しています。

ハンオク(韓屋) :韓国観光公社公式サイト – Korea Tourism Organization より引用

 

韓屋を改装してつくったレストラン

 

最近は韓屋を利用したショップや宿が増えている様子

日本や他のアジア諸国でも古民家を利用したリノベーション施設が増えてるんだからきっと韓国でも増えてるに違いない!と思って探したら発見したのがイクソンドンのエリアと韓屋村といった存在。北村という場所もそうした伝統家屋が立ち並ぶエリアとして人気があります。

韓国観光サイトでは韓屋ゲストハウスの特集なんかもありました。

>>韓屋ゲストハウス特集ーコネスト韓国

ビビンバとかキムチとか、ネーミングがなんともわかりやすいというか、どうなのって感じではありますが・・・日本でいうところの「スシゲストハウス」「ニンジャゲストハウス」的な。

こういう近代的なホステルもたくさんあります

中庭テラスを囲むように個室とキッチンエリア

そんなわけでたどり着いたビビンバゲストハウス。地下鉄鐘路3路(チョンノサンガ)駅から路地を入った中にあります。最寄りの出口からだと徒歩3分くらいかな。ただかなり中が入り組んでるのでナビ的な地図がないとわかりづらいかも。

思った以上にイクソンドンのど真ん中!行ってみようかなーと思っていたオシャレカフェの真隣にありました!(おかげでなんとなく部屋でくつろげばいいかと思って隣のカフェには行きそびれたw)

写真で見たとおり、中庭の雰囲気がすごくいい

 オーナーのお兄さんはまだ若くて、メールでLINEやカカオトーク(韓国で流行ってるLINE同様のものと思われ)FacebookやInstagramのIDを教えて!とめっちゃ親しげに言われたのが、一瞬引いたけど、まあ悪気はないんだろうなと思ってお友だちになりました。

やっぱりこの壺の中にはキムチが入ってるんだろうか・・

オンドル・エアコン完備はうれしい

ここはゲストハウスといってもドミトリーがあるわけじゃなくて、どちらかというと昔は連れ込み宿(って今もいうのか?)的な、狭めの個室がオンドルになってて、布団一式が置いてあって、奥にトイレとシャワーがついているという構成のいわゆる個室型のゲストハウス。ランドリーとキッチンは共有で外にあります。

洗面台に付随したシャワーが斬新!

韓国も梅雨?で暑かったので、エアコン完備はありがたい。というかそうじゃなかったらかなり不快だったかも。雨もちらほら降っていたので、居心地よさげな中庭には結局いられなかったのだけれども。

天井の梁などよいかんじ。部屋はオンドルで至極シンプルな4畳半くらいのスペース

朝食にはトーストかセルフビビンバ丼を選べます


フリーの朝食は朝8時〜10時まで。その日朝かなりのんびりしてたので、結局あまりお腹も空かず、無料のコーヒーだけさくっといただきチェックアウトしました。ビビンバゲストハウスっていうくらいなので、朝はお魚(ツナ?)のビビンバ丼を自分でつくって食べることができます。冷蔵庫に食材が入ってて、ご飯の上に載せて食べるというスタイル。

韓国の伝統服チマチョゴリ着て記念撮影もできるよ、とか言われたけど、まあわたしはそういうのは興味ないんで(笑)

LINEのくまとかキャラものも街中相当たくさんいました

オーナーのお兄さん親切でした


最初にfacebook、LINE、カカオトーク、Instagramなどなどソーシャルメディアのアカウント聞かれたのがビビったけど、こちらでは当たり前なのかな?でもゲストハウスを紹介するサイトやってるねんとはなんとなく言えず。

でも、質問とかもきちんと答えてくれたし、なにか困ってることがあったらいつでも声かけてねって言って気にかけてくれたナイスガイでした。

 

いろんなインフォメーションも掲示されてます

近くの麺屋を教えてもらった!

この辺でひとりで夕食食べるのによい、あなたの好きな店を教えてって聞いてみたら、ミシュランのビブグルマンに選ばれたというマンドゥクックのお店を教えてくれました。

オシャレ路地から1本入った庶民的な路地にあるお店(自慢げな看板がw)

店構えも超庶民的だけど味は確か。さすがミシュランビブグルマン選定

何泊かしてのんびり過ごすのにもよさそう

こういう古民家系のゲストハウスは、日本もそうだけど、小規模なところがほとんどだけにとにかくオーナーの個性や方向性が極めて大きく出る。

私が行ったのは7月初旬の閑散期だったので、他の宿泊者さんもあと1人か2人いたかなっていうくらいで、交流もへったくれもなかったけど、人が多いときはオリジナルのツアーみたいなものもやったりしているようだし、韓国の伝統みたいな景色や空間を活かした場所を楽しむには利便性もよい立地でよいかなと思いました。

ゲストハウスの真隣にある素敵カフェ

路地好きな人にはたまらないエリアかと

2,000円のキャッシュバック、使ってみませんか?

予約してみたいな!という人、値段などチェックしたい人は、PCでは右横、スマホでは記事下にあるBooking.comの検索からどうぞ!

booking.comの<こちらのリンク>を押していただき、予約いただくと、みなさまにも2,000円のキャッシュバックがありますので、ぜひお使いくださいませ☆

わたしもほとんど自腹でゲストハウス探索活動しておりますので、使ってくださると私にも同額のキャッシュバックがあるため、大変助かります!(総額4,000円以上の宿泊の場合なので、1泊それ以下の場合は2泊するときに使うとGOODです!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like