1-Travel 旅 1.5-60 九州沖縄 1.5-70 離島 1.7-7 LCCの旅 2.4 Photo 写真

奄美大島・名瀬からの夕陽スポットは大浜海浜公園で決まりーLCCバニラエアで行く奄美大島の旅3泊4日

名瀬から車で20分、大浜海浜公園は人気の夕陽スポット

当たり前ですが、夕陽は西に沈みます。なので、島で海に沈む夕陽を見ようと思ったら、島の西側に行く必要があります。
が、奄美大島は海岸線が入り組んでいるので、意外と西に開けている海岸を探すと中心地の名瀬からだと少し離れないといけない。なので、中心部から夕陽を見に行くスポットというのは、街から20分くらいのところにある大浜海浜公園が定番のようです。

5月中旬、この時期の奄美大島の日没は午後7時過ぎ。結構遅い時間なので、マングローブの林からがんばれば1時間弱で日没に間に合うかも??お腹も空いていたけれど、コンビニおやつで紛らわせて車を走らせました。到着は日没15分前!ふぅギリギリ!

 

ヤシのシルエットが印象的

みはらし広場は海浜公園に行く途中にある展望広場のようなところ。そこにはヤシの木が植えられていて、そのシルエットがなんとも印象的です。

夕陽が沈むまでは車が20台くらい停まって見にきていましたが、みんな沈むと早々に去ってしまいました。なんてもったいない。

夕陽は日没してからが美しい

そう、夕陽は沈んでからも美しいのです。いや、むしろ沈んでからあとのほうが美しいともいえる。

この日は三日月よりも細い月が西の空に輝いていました。雲の様子も刻一刻と色やかたちが変わっていくのがたまらなくいい。いつも同じ写真を量産するってわかっているのに、カシャカシャとカメラのシャッターを押してしまうのはいつものことですが、それだけ感動の一瞬が多い、ということで「それはそれであり」と思っています。

 

タイムラプス動画も撮ってみました

この20分くらいの日没の様子をギュッと濃縮したのがこちら。あと15分くらい長く撮っていてもよかったかなあ。
SONYのコンデジRX100Vのタイムラプスアプリ(夕陽モード標準)を使用。まだこのあたりの設定をカスタマイズできるほど知識がないので、今後はもうちょい研究したいところ。音楽などはないですが、雲がもくもくとできては消える様子などが記録されています。

下の公園奥にはタラソテラピー&温浴施設がありますよ

公園は海水浴場としても機能。また、公園奥には、タラソ奄美の竜宮というタラソテラピーと温浴施設、プールがあります。雨天のときや、とことんのんびりしたい!というときにはよさそう。今回の旅でも天気が悪ければ行くのもアリかなと思ってたのですが(基本リラクゼーション施設好き)天気がずっとよかったので、車でがしがし出かける方向性になってしまいました。

そうそう公園内には小さな水族館のような施設、奄美海洋展示館という施設もありますよ。

この東屋でピクニックしながら読書なんてのも贅沢な時間の使い方ですね

もちろん日中も極上の美しさです

夕陽が美しいこの公園ですが、もちろん日中も極上の美しさです。というか、マジでめちゃ海がキレイ!まだ5月というのもあるし、平日だったので誰も海の中に入ろうとする人はいませんでしたが(そもそも人もほとんどいなかった)水着を着てたらちゃぽんと浸かってもいいかな、と思えるくらいキレイな水、白砂でした。海の中がどんな様子かもまた一度覗いてみたいな〜。

大浜海浜公園 見はらし広場

名瀬からバスも一応出てますが、夕陽を見るならやはり車は必須。レンタカーでぜひ行かれてみてください。
名瀬港から県道79号線を朝仁方面へ。トンネルをいくつか越えて、山間部に入ると「大浜入り口」の案内板があります。そこを右折し公園内へ。海が見えてきたら、わりとすぐにみはらし広場の駐車場が右手にあります。

 

Social Share

You Might Also Like