2.4-1 撮影スポット 2.4 Photo 写真

大阪舞洲(まいしま)シーサイドパーク・ネモフィラと夕陽の競演

GWまで限定開園していたネモフィラ祭りに行きました!

去年はここゆり園だったんですけどね・・・。
去年秋の台風被害の影響でゆりがほぼ全滅し、最近関東で流行ってるらしいで、とちゃっかり鞍替え(笑)。変わり身の早い商売上手な関西ピープル。

ゴールデンウィークで激混みという話は聞いてたので、なるべく時間帯を外して夕陽とあわせて堪能するべく、午後遅めの時間を狙って来訪しました。

人が全然写ってませんが、もちろんたくさんいました!後半はかなり減ってきてたけど、通路はみんなぞろぞろと・・・。

だんだん日が落ちてきて、オレンジ色の世界に

会場は大阪市此花区、淀川の河口沿いを埋め立てた島、舞洲にあります。太陽は海に沈むかと思いきや、遠く六甲山系の裾野に沈んでいきました。

ネモフィラ祭りはGWを挟んだ2週間くらいだけだったかな?敷地が広大なのはゆり園のときもそうだったから知っていたけど、一面のネモフィラというのはやはりなかなか圧巻でした!それにしても最初入場時の人の多さはびっくりしたけど。トイレも入口手前に仮設しかないし、売店などもないんですが、花の力でここまで人を呼べるってのはなかなかすごい。

ネモフィラ園以外は人がほぼいなかった舞洲周辺

ちなみに、わたしの自宅からこの舞洲までは約10kmほどだったので、この日は自転車(ロードバイク)で行ってみました!西九条の先から淀川沿いの堤防を西へと延々走っていくと北港(ほっこう)と呼ばえるエリアに着きます。そこからまた橋を渡って人工島のうち一番新しい?舞洲へ。

途中でこんな感じのりっぱな休憩ポイントがありましたが、中の施設は撤退し、誰もいない廃墟みたいになってました。トイレはきれいだったので管理はされてる様子。ネモフィラ園にはあんなに人いたのにみんな時間とお金の使い方がもったいない・・・。

シーサイドパーク近くにある隠れた名所とは?

北港には、知る人ぞ知る有名な大阪市の施設があります。それは!

じゃじゃーん!
みんなUSJ?って思ってしまうこちらの建物は、著名な建築家が建てたごみ処理施設!大阪市清掃局舞洲工場であります。大阪市の負の遺産とか税金の無駄使いとかボロクソ言われてるけど、今はそこそこ見学者もいるらしく、無駄遣いかどうかはともかく、ごみ処理施設を明るく!かっこよく!という意識は素晴らしいなと思います。このあたり、もっとちゃんとお金とって宣伝してPRすればいいのに・・・・。

キナリノでの特集があったのでご紹介
おとぎ話のお城みたい!舞洲【ゴミ処理場】へ社会科見学に行こう

夕陽とネモフィラ撮影に熱中してたらいい感じに暗くなり。このあたり人が住んでないので夜はゴーストタウンのようになります。春なのに風もなく空気もきれいだった1日に感謝して帰路につきました。(その後、またジャンクション建築に萌えて写真撮りまくりましたが)

大阪・舞洲シーサイドパーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like