Bigisland ハワイ島 Travel 旅 ハワイ

カメハメハ大王像がある小さなまちハヴィでのんびり時間

2017年9月ハワイ島1週間の旅。まとめて読みたいときは #2017ハワイ島  からどうぞ!

草原ロードを通ってポロル渓谷へ

乗馬を終え、そのままランチしてもよかったのだけれど、ちょっと寄り道してみようとワイメアを通り過ぎてハワイ島の一番北にあるポロル渓谷を目指すことにしました。

牧場が続く草原の道を走っていきます。

眼下に海、草原の緑と青い空が美してく思わず車を停めました

雲の影が海に写っています。何もかものスケールがでかい!

美味しい空気、快晴の空!一緒に旅した仲間もごきげんです。

しかしこうやってのんびり走っていると結構思っていたより時間がかかります・・・。といっても一度まちを通り過ぎると次のポイントまでかなり距離があるのがハワイ島。その間はレストランやカフェなんていう気の利いた場所まったくありません。もちろん自販機もないしガソリンスタンドもコンビニもない。

:: SPONSERD LINK ::

ポロル渓谷は、ワイピオ渓谷の反対側にある断崖絶壁

ポロル渓谷は、朝に乗馬したワイピオ渓谷からずっと続く断崖絶壁の西の端にあたります。

 

道路もこの先はなく、歩行者だけが入れるトレイルが続いています。
展望台には少しだけ駐車スペースがあって、ここから海に下りてサーフィンする人やトレッキングに行く人などもたくさんいるようでした。ほとんどが観光客ではなくローカル(地元)の人だと思いますが。

  

わたしも昔ここから道を下りて海岸まで行ったことがあります。かなりキツかった!でもワイピオ渓谷の急坂よりはましかな〜。その先はテント担いで自分で食料も持って歩いていくようなほんものの大自然が続いています。一度そういうのもやってみたかったけど、住んでるときはついぞそんなチャンスがないまま1年半過ごしてしまいました。

誰かが飼ってるワンコだけどなんともリラックスモード

島の果て感がすごい

このあたりまで来ると、広いハワイ島でもさらに最果て!っていう感覚になります。
森の妖精(ハワイには小人のようなメネフネっていうのがいるとされてます)がこの中にいるって言われても「うんそうだよね」と普通に納得してしまうくらいに。



お腹が空いてやっとみつけたカフェは改装中

ランチタイムをとうに過ぎ、朝ボリューミーな朝食を食べたみんなもかなりお腹が空いてきました。
急いで「とにかくなんか食べられそうなところ」を目指します。
ポロル渓谷は展望台で行き止まりなので、来た道を戻ります。行きがけに「ここよさそうだよね」と目星をつけていたカフェにわーい!と入るとなんと改装中でやっておらず・・・。

ネコちゃんだけが興味ぶかげに寄ってきて歓迎してくれましたが、お腹は膨れず(笑)先を急ぎます。

ネコさん、よ、寄り過ぎ・・・ピントが合わないよー

カメハメハ大王像の前にあるKING’S VIEW CAFE

改装中のカフェのお兄さんに教えてもらったのが、キングスビューカフェ。カメハメハ大王像の前にあるよって聞いてたけど、本当に目の前だった!

しかも店名のキングは当然このカメハメハ大王さまのことを指すのですよね。ピザとかサンドイッチとかなんでもあるよって言っていたとおり、メニューも豊富。もう夕方前、やっとのことで食べものにありつけました。

ちょっとしたお土産物なども売っているかわいらしい店内

カメハメハ大王像はハワイに4つあるらしい

いわれはこちら↓ 一度船の沈没で作り直したら、海の底から発見されたのがこの像なのだそう。

カメハメハ大王の像は全部でいくつ?

ちなみにハヴィの先にある小さな町カパアウが、カメハメハ大王の生まれ故郷とされています。小さな木造の図書館の建物が印象的な静かな場所です。

みんなで大王になりきってみるの図

ついでに今Wikipediaで知ったけど、わたしの子ども時代に流行っていた「南の島のハメハメハ大王」という歌は、

1976年にNHK『みんなのうた』に採用された童謡「南の島のハメハメハ大王」(旧題:「ハメハメハ大王」、作詞:伊藤アキラ、作曲:森田公一)に登場するハメハメハ大王は、(作詞者の伊藤によると)カメハメハ大王の“友達”という設定になっている

そう。へえええ。水森亜土ちゃんが歌っていたような記憶。(懐かしくなって探してしまった)
↓ あーこれこれ!しかし今聞いてもすぐ覚えてしまうくらいだな。なんとキャッチーな歌なのでしょう。

 

夕方ドライブは海を見ながら

お腹も満たしたところでワイコロアのコンドミニアムに戻ります。
西海岸なので、太陽がどんどん落ちていくのを見ながら走っていると、なんともキラキラ美しい場所があったので緊急停車。

ここから海に下りられる公園とパーキングになっていて、もうパーキングも閉まってしまっていたけれど、手前に停めてしばし鑑賞。



風は強かったけど、斜めの光線でオレンジ色に輝く草と海の色のコントラストが素晴らしかったです。

 

夕陽が見えそうで見えない!

前日も夕陽は素晴らしかったのだけれども、車で走っているときにめちゃめちゃすごい!と騒いでいたものの、高速道路なみにぶっ飛ばすハワイ島の道では途中で止まる選択肢もなく、車窓から鑑賞だった。今日こそは!と思っていたのだけれど、どうにも今日も決定的瞬間!にはうまく立ち会えず、太陽は雲間に消えてしまった。

ビーチパークで停車してみたものの、土曜日だったからか人が多く落ち着かなかったので、そのまま帰路へ。

そしたら日没後またまた空がすごい色になりはじめた。わー!やっぱり夕焼け空みたいよね!!とホテルが立ち並ぶゾーンで鑑賞ポイントを探すも、駐車場に停めたりしているうちにタイミングを逃してしまう・・・。

ホテル横のビーチで月光浴

でも、せっかく来たから!と、由緒正しい高級ホテルマウナケアビーチホテルを見学することに。あいにくプール横のバーは閉まってしまっていたけれど、砂浜のほうまで行ってみることに。

ちょうど人数分のビーチチェアがあったので、少しお借りしてごろり・・・。東から上ってきた月がわたしたちを照らしてくれています。
「いいね〜最高だね〜」なんて話をしていたのが、少しずつみんな黙りはじめて、目を閉じて・・・気がつけば眠りと言う名の瞑想状態に。


時差ボケもあるし、朝から早起きして乗馬もして、エネルギーMAXで過ごしたから、急にここで切れたみたいに。わたしも少し記憶が飛びました。時間にするとたぶん10分15分くらいだったはず。なのに誰ともなくまたむくりと起きてきて。そしたらみんな急速充電完了!とばかりに元気に。

昔の遺跡が近くにある場所

マウナケアビーチホテルは、創業50周年以上の老舗ホテル。お隣のハプナビーチプリンスホテルとあわせてコハラコーストの高級ホテルの中でもかなりランクの高いホテルですが、ビーチはハワイ州の法律でパブリックに必ず開放しなくてはいけないというルールがあるので、誰でも行くことができます。

近くには昔の遺跡(ヘイアウ)があった場所などもあり、たぶんすごくエネルギーの強い場所なんじゃないかな、と感じました。だからみんなあんなに一瞬で寝て、一瞬で回復したんじゃないか・・・なんて考え過ぎかな。

月明かりも星も少しだけ涼しく感じる風も心地よく、短くも最高の時間となりました。


 

 

 

You Might Also Like