1.05.1 Mexico メキシコ

カンクンからバスでトゥルムTulumへ移動【メキシコ・セノーテの旅4】

>>メキシコ旅をすべて見る

カンクンのバスターミナルからトゥルムへ

今回のメキシコ行きの大きな目的ははセノーテ巡り。有名なグランセノーテや、最近人気急上昇中らしいセノーテドスオホスへ行くためには、カンクンから1日ツアーのようなものに参加するか、近くのトゥルムという街から移動して巡るのがよいようだった。

調べているうちに、団体ツアーでいくと一気に大量の人が入るから水が濁ってしまってよくないとか、行くなら朝イチが光が入りやすくていいとか、ダイビングやシュノーケルを楽しむいろいろ一言ある人がアドバイスを書いてくれていた。いろんな体験記を読んでいて一番楽しそうだったのが、トゥルムに宿をとり、そこで自転車を借りてあちこちセノーテ巡りをしたというもの。お金もかからないし、それいい!

さらにトゥルムは、アメリカのCNNだかが選ぶ最近人気急上昇シティのひとつで、すごく人気が出てきているらしい。カンクンが巨大ホテルが立ち並ぶ老舗リゾートとすると、その先にあるプラヤ・デル・カルメンは中規模リゾートが立ち並ぶ庶民的なショッピング&海のまち、さらにその先にあるトゥルムは、少し前まではバックパッカーくらいしかいない鄙びた田舎だったようだけど、どんどん開発されて、今はナウなヤング(死語)が集まる上に、THE MOSTインスタ映えホテルもあるような最新リゾートもあるような場所になっているらしい。俄然トゥルムに行く気満々になったわたしは、メキシコ4泊のうちトゥルムに2泊するプランを立てたのだった。

トゥルムへはカンクンのバスターミナルから3時間弱かかる。人気の行き先なのでバスも1時間に数本出ているくらい頻発しているし、バス会社も複数あるので予約までは必要なさそうだった。

カンクンのホステルを出て、歩いてバスターミナルへ。メキシコはマジで英語通じないと聞いていたのでかなりビビってたのだけれど、このあたりのバスターミナルでは問題なく使えたような気がする。とはいえ、いちおう、1(ウノ)2(ドス)くらいはスペイン語言えるので、トゥルム、ドス!とか言ってチケット買ったような気もするけど、もしかしたら友人にお任せしたのかもしれない。

バスはADOという赤いカラーの会社が一番高級でやや値段も高く評判もよかったのだけれど、見てみたら別にその他のバスもそこまで質が落ちる感じでもなかったので、一番はやい時間に出発するものを選んでチケットを購入した。

トゥルムまでは休憩なし。途中プラヤ・デル・カルメンで降りる人もいたっけな?夕方まだ明るいうちにトゥルムのバスターミナルに到着した。さて、ここから予約してあるホテルまでどうするか?とりあえずバスターミナル内はフリーWi-Fiがあったので、つないでチェックしてみる。

幸い雨が降っていなかったので、徒歩8分くらいとGoogle Maps先生の指示通りにキャリーバッグころころ転がして歩くことにした。二人とも旅の荷物少なめ(機内持ち込みサイズくらいとそれより少し大きいサイズ)で来ていたのでなんとか行けたけど、途中の道はアスファルトがガタガタのところもあって、意外と歩くと遠く感じたりした。

歩いてる途中の道は、いい感じで旅行者にも使いやすく、地元民も混じっているようないい雰囲気だった。そうそうこれこれ、という感じ。旅行者用に特化してしまっている観光専用のまちって、便利だけどやっぱりどうしてもいろんな値段も高くなりがちだし、おもしろみに欠けるんだよなあ。かといって、超地元の人しかいないような売店しかないようなところだと、言葉の問題やスーパー的なものもなくて気軽に買い物もできないし、ちょっと休めるカフェなどもないとかで、なかなか気持ち的にハードだったりもする。

 

トゥルムのホテルにチェックイン

トゥルムは自然環境にフィットしたネイチャーリゾート的な場所も多いようで、エコを意識したのか?曲線を多用した建物があったり、ストリートアート壁画がところどころあったりした。トゥルムの宿は「あんまり毎日ドミばかりでも疲れるかな」ということで、少しだけお高めの中規模リゾートXcape Tulumというところにした。1泊8,000円とかだったかな。1部屋だから2人で割ればそこそこリーズナブル。

プールもあってレセプションやバーなどもかわいかったんだけど、とにかくいかんせんずっと雨。しかも1泊した翌日はもう大雨!!で、洪水が起こるんじゃないだろうかってくらいすごいときもあった。せっかくのプールもとてもじゃないけどサンデッキで寝てなんていられない。部屋にいても外の雨にビビるくらいだったので、下手なネイチャーバンガローみたいなところに泊まってたら雨漏りとかしたんじゃないだろうか。
部屋はコンドミニアムタイプで、長期滞在するにはいいだろうなと思ったけど、いつもドミ泊とかしてる二人なので「広すぎて持て余す」みたいになっていた。

この宿、夜のライトアップがとてもよかった。一瞬だけ雨がやんだ夜、どうせ濡れるしと言ってプールに入って泳いだりもした。

Xscape Tulum

 

← メキシコ・カンクンのダウンタウン(セントロ)にあるホステル主催のセノーテツアーへ行ってみた。
→  メキシコ・トゥルムTulumをぶらぶら歩く。メインストリートは庶民的な雰囲気とスタイリッシュさが交わったよい雰囲気。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like