1.04.2 OAHU オアフ島 1.6 ゲストハウス 1.7-7 LCCの旅

のんびりホノルル暮らし旅1ー滞在はマノアのホステルを利用

旅を暮らしのように楽しむには宿選びが大切!

こんにちは!旅人ワンダラーユウコです。激安往復30,000円以下でゲットしたチケットを片手にやってきたハワイ・オアフ島。

通常ハワイというとダイヤモンドヘッドが見える一大リゾートゾーンワイキキ周辺のことを指しますが、今回のハワイ旅のテーマは「暮らすように旅する」滞在。現在ホテル代が高騰しているハワイなので、ひとりでリーズナブルに過ごそうと思うと、選択肢は安いエアビー物件を探すか、ホステルのような相部屋宿を探すかのどちらかになります。

あわせてよみたい
爆安エアアジア(AirAsia)関空ーハワイ・ホノルル便とホステル泊でハワイ激安女子ひとり旅!

激安LCCエアアジアで行くハワイ・オアフ島の旅一週間の旅程と費用を公開!

ひとり旅にはキッチン充実のホステル/ゲストハウスが最適

今回、エアビー(Airbnb)を利用して滞在することも考えたのですが、ホノルル周辺のエアビーのお部屋もだいたい1泊安くても70ドル〜90ドルくらいが相場のようす。ワイキキのホテルは安ホテルがリノベーションでお高くきれいになっていることもあり、最低でも15000円/1室かかるので、ひとりだとだいぶ割高。

ワイキキのホテル代はどんどん値上がり中

なので、ここはハワイのゲストハウス/ホステル事情の調査も兼ねて、お得意のゲストハウス泊に落ち着きました。こうした宿はキッチンが充実していて、共同の冷蔵庫もあるので、食材を買ってきて自炊することも可能。それにホステルの中で3泊以上滞在していると、なんとなく過ごすメンバーもわかってきて、その人たちと言葉を交わしたりできるので、ひとりでもまったく寂しさを感じないというのもメリットのひとつです。

Hostelling International Hawaii

Hostelling International Hawaii のエントランス

UHハワイ校の近くにある Hostelling International Hawaii Honolulu

今回宿泊を決めた Hostelling Internationalof Hawaii(HI)Honolulu。予約はbooking.comを利用しましたが、入り口のマークは全世界共通のユースホステルマークがついている全米ユースホステル協会公認のホステルです。

門限はありませんが、男女別ドミトリーのみでアルコールは持ち込み禁止、と若者が多くてパーティーしてわいわいしている雰囲気ではなく、とても落ち着いた雰囲気。ゲストの年齢層も若者も当然いましたがかなり高めだった気がします。場所も住宅街のなか、隣は幼稚園というような立地で、探し出すのも一苦労、みたいなところにひっそりとあります。

Seaview Road沿い 学生寮みたいなのに囲まれている場所にあります

近くにハワイ大学マノア校というのがあります。ハワイ大学最大のキャンパスで、このあたりはワイキキやホノルルの市街地より少し山手にあるため、朝晩はわりと涼しく過ごしやすいんです。エアコンがない宿でしたが全然なんの問題もなし。

UH Manoa

ハワイ大学マノア校の入口付近のツリーハウス的ななにか

ひとり旅率高し。気楽にくつろげるパティオがナイス

わたしは7人部屋の女子ドミトリーの二段ベッドの下段に割りあてられました。部屋自体は結構ひろくて、スーツケースを整理したりするのも楽でよかったです。ただしベッドの高さが低くて、頭を何度も打ちそうに・・・。
同室になったのは年齢層が高めのドイツ人の生物学者さん、同じくドイツ系の毎日どんどん焼けていってたおねえさん、それと入れ替わりで日経ブラジル人の子や中国から来た女子など。時期的にそこまで混まないからかぜんぶのベッドが埋まるということはなかったのでそれもよかった。

Hostelling International Hawaii

チェックアウト前に自分が使ったシーツをひっぺがしたところ こうしてみると病院みたいですね・・・w


ひとり旅率が高く、同室にはならなかったけど日本人もちょいちょいいました。キッチンの前に中庭があって、ご飯などはみんなだいたいそこで食べるんですが、のんびりしてると飼われてる黒ネコちゃんが近づいてきてクレクレとねだったりしてかわいくて最高でした。

Cats in the hostel

ホステルには数匹ネコちゃんがうろうろしてました

共有キッチンが広くて清潔、使いやすい

キッチンはかなり本格的で、ガスオーブンと電子レンジ・トースター・鍋・炊飯器その他なんでもありました。すごーくクリンネスに気を使っているみたいで、食器を洗うときのルールが厳密にあってびっくり。自分用の棚みたいなのをつくることができて、そこに食材をおいておけたりもしました。冷蔵庫の中のものに名前を書くのはお約束ね。施設自体は新しくないんですが、ほんとにいつもキレイにしてあってありがたかったです。

ホステルの共有キッチン

オーガニックな野菜と果物の朝食タイム

毎週1回?持ち寄りポットラックパーティあり

おそらく毎週やってるんじゃないかと思うんですが、滞在中の火曜日の夜に、一人3ドル+1品持ち寄りのポットラック夕食会がありました。そこでご飯を食べながら各国から来た旅人といろいろお話できたのはよかったなあ。最後かなり難しい話になって、英語の理解がビミョーってなってしまったし、自分の英語力(とくにスピーキング)がメタメタなのを自覚してがっくりしたけど、いい経験でした。

1品持ち寄りポットラックディナーのあと談笑するみなさま

歩いていける範囲にレストラン・スーパーもあり

意外だったのが、宿のまわりは大学以外なにもないと思っていたら、ちょっと坂を降りていったところにホノルルの市街でもそれなりに開けた というところに歩いていけることが判明。日系のスーパーやオーガニックスーパーのDown to Earth、デリやレストランもありました。一度その近くにあるデリでナチュラル系のアジアンデリを買ったけど、地元人御用達らしく安い上に量がミニサイズでも相当量で、とてもハワイを感じました(笑)

ホノルル地元民の生活目抜き通り的な

UHマノア校の学食も使えるよ スタバもあります

そしてもうひとつ、ハワイ大学の中にも自由に入ることができるので、大学構内にある学食デリやスタバ、BALEというベトナムサンドイッチ屋さんやJumba Juiceなどを利用することもできます。さらに毎週火曜日と金曜日(生徒がいる期間のみ)にはスタバの前の広場でファーマーズマーケットが開かれていて、地元のオーガニック野菜を安くで手に入れることができます。

朝から賑わうUHマノアのスタバ(店の中は行列で買うの諦めた)

わたしが行ったのがちょうど火曜日で、そこで地元のバナナやマンゴー、パクチーや空芯菜、オクラなど外食だと足りなくなりそうな野菜と果物を中心にゲット。毎日フルーツ三昧の朝食を食べられて幸せでした。スタバは学生に超人気で朝8時過ぎに行っても長蛇の列。学食で朝ごはんを買って、勉強してる大学生に混じってわたしも仕事をしておりました。

バナナやマンゴーなどの果物のほかアジア系の葉物野菜も多くてよかった!

バスの便もよく、近くにbikiステーションもあって使える!

ハワイ大学マノア校があるおかげで、バス便が充実。アラモアナセンターから来るバスや、ワイキキのホテルに向かうバスなど、路線も豊富でなかなか使えます。The Busは最近アプリを出してて、近くの停留所にどこ行きのバスが通ってて、GPSで現在どこを走ってて何時頃到着できるか、まで教えてくれるので超絶便利!(また別途その記事は書きたいと思ってますー)

さらにシェアサイクルのbikiステーションも近くにできたので、ホノルル方面に下りるときは便利。一度Google Mapの案内どおりに徒歩ルートに従って走ったらH1(高速道路)を越える跨線橋を案内され、手押しでひいひい言いながら越えたのもまあいい思い出ですね。

UHマノアにあるbikiステーション

清潔で必要最低限設備のクリーンなホステル

と話がずれましたが、正直日本のピカピカで最新鋭設備がじゃんじゃんあってプライバシーバッチリのホステルに慣れていると、質実剛健というかほんとにミニマムな設備の宿なので、物足りないと思う人もいるかもしれませんが、男女別にシャワートイレも分かれていて、居心地よいパティオがあって、別にTVラウンジもあってそこでもくつろげるし、Wi-Fiは当然フリーであるので、慣れてる人には問題ないかと思います。

こじんまりと穏やかで落ち着いた雰囲気

ただし受付の人とか日系人のおばさま(日本語少し話せるみたい)は午前中しかいないし、他のスタッフは英語のみしか話さないので、最低限の英語は身につけていたほうが楽しいかな!ハワイだから日本語通じると思ってる人もいるかもですが、それはワイキキの一部のホテルとかだけなので要注意。

チェックイン時、空港から直接はThe Busが使えないので注意!

あと注意事項としては、公共交通機関であるバスなのですがスーツケース禁止のルールがあります。なので抱えられるサイズのバックパックなどならOKかもですが、大きめのゴロゴロとかだとNG。わたしはアラモアナセンターまでのシャトルバス(17ドル)を使い、アラモアナショッピングセンターでSIMをゲットしてからUBERで移動しました。実は初UBERだったんだけど便利ね〜・・・・。

入口のこのポストが目印!

予約は直接WebサイトかBooking.comで!

そうそう値段のこと書いてなかった。だいたいドミで1泊3500〜4000円程度かと。これを安いと取るか高いととるかはその人次第。わたしはひとり旅でこの利便性、清潔感からしたら全然アリと思ったけど、アジアとか最近の東京大阪の激安価格破壊と設備の充実度に慣れてると、それでも高く感じる人もいるかな。

ここは個室はないのでその点家族連れなどでは使うのが厳しいと思うし、友達同士とかでもコスパ的にそれだとホテルをシェアするほうがよい気もします。わたしもひとりじゃなかったらワイキキのホテルやコンドミニアムに滞在するとおもうので!

公式サイトはこちら(日本語)

ワイキキとホノルルと2店舗あるらしい。こちらでも予約可

booking.com

下記のバナーからブッキングの予約サイトに直接飛べます

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like