1-Travel 旅 1.5 JAPAN 日本 1.6 ゲストハウス 1.7-1 Destination 目的地選び

2016年に泊まった日本国内ゲストハウスまとめ。


ゲストハウスプレス編集長として、仕事のようでもあり趣味でもあるゲストハウスでの宿泊。取材やお仕事絡みだったり、企画旅行で使わせてもらったり、といろいろなパターンがありますが、どこにどれくらい泊まっていたのか自分でもまとめて把握はしていないので、海外の旅まとめに続いてこちらもまとめてみました!

ちなみに・・・2016年にわたしが行った海外の旅まとめ

2月 BUNKA HOSTEL

東京浅草に2015年12月にオープンしたBUNKA HOSTEL。絶対近いうちになるだろうと思っていたら、本当にあっという間に支配人となったゲストハウスプレスのスタッフやってくれてた蒲くんに会いに居酒屋BUNKAへ。もつ鍋食べてそのままベッドでぐっすり眠る。最高!

bunkahostel
 

3月 ゲストハウスLAMP

長野県野尻湖畔にあるゲストハウスLAMPは取材を兼ねての訪問。インタビュー取材をするときは、ほとんどが一度泊まって「ここは絶対!」ってところに再訪してお話を聞くようにしている。まれにそれが出来ないときは必ず連泊して、宿とスタッフさんにある程度馴染んでから取材する。・・・ってな時間もお金もかかることを採算とか考えずにやっているのが、ゲストハウスプレスのいいところであり、厳しいところでもあります。朝日が最高に美しかった!

lamp

3月 1166backpackers

旅企画ユニットDOORSドアーズの本拠地的な場所の長野市。戸隠神社に行くときはほぼ毎回ここに泊まる。今まで何度泊まったのか既に覚えていないけれど、とにかくなんだかホッとする落ち着く宿。門前エリアの中にあるので、うろうろ予定なく歩いたり早朝、お朝事やってる善光寺行ったりするのにも便利。

ちなみにそのときに行った戸隠では↓こんな記事もかいてます 
冬の戸隠神社に行ってきました!その1 
冬の戸隠神社に行ってきました!その2

1166_1603


…まだまだありますよ〜

 

4月 Kagelow Mt Fuji hostel kawaguchiko

オープン前から気になっていた超カッコいいKagelow(カゲロウ)。場所柄ほとんどのゲストが外国人と聞いたけど、ホントにもったいない〜。もっと知られてほしいゲストハウスのひとつ。この時は富士山&桜のコラボがすんばらしくて、感動的でした。夏の終わりくらいに休暇を取ってのんびり連泊して過ごしたいような宿です。

kagelow
 

5月 尾道ゲストハウスあなごのねどこ

尾道のあなごのねどこは、ずっと行きたいと思いながらなかなか訪問が叶わなかったところ。こちらはゲストハウスプレスのインタビュー取材にて滞在。連泊して楽しみました。楽しいんだけど、でも毎回写真うまく撮れるかな〜、インタビューうまくお話聞けるかなーってずっと気にしながらなので、何も予定なくフツーに滞在するときとは明らかに気分が違ったりします。でもインタビューは毎回すんごく楽しい。この時ちょうどオバマ大統領が広島訪問してて、中継を宿のTVで見たのが印象に残ってます。

dsc04422

5月 佐島ゲストハウス汐見の家

こちらもお友達のお姉さんが女将をやっていたり、オーナーの方とFacebookで繋がっていたり、友人繋がりのご縁がありまくりで、一度行ってみたくて、半年通っていた高知から荷物を引き上げしたその足でしまなみ海道ドライブして向かいました。佐島という島に行くためには、因島から佐島の隣の島まで渡し船みたいなフェリーに乗らなくてはいけなくて、それがすごく面白かった。汐見の家には五右衛門風呂もあって、夜は地元の人と宴会みたいな感じで、しみじみいい時間でした。

dsc03913

館内の写真がうまく撮れてなかったので目の前の港からの夜景を〜

8月 福井ゲストハウスSAMMIE’S

8月はこちらでも連載中のゲストハウス訪問月間。青春18きっぷで久々ガッツリ旅しました。大阪発の新快速で福井へ。ずっと気になっていたサミーズへ初訪問。夜はお誘いいただいた謎のお寺イベントに行ったりして、短くも濃いい時間を過ごしました。福井はほとんど通り過ぎるに近くて、大好きな越前そばすら食べられなかったので、また近いうちに行きたい。

関連記事:
福井駅前ゲストハウスSAMMIE’Sに宿泊した夏の18きっぷ旅初日。
福井・大安禅寺でサイケデリックな瞑想祈祷ワールドを体験ー大人の18きっぷ旅・初日の夜
 sammies

8月 THE SHARE HOTELS HACHi金沢

こちらもブログ記事でご紹介。なんとまあ、地方にもこんな施設が〜なゴージャスホステル。シェアホテル、という名前でゲストハウスですらないカテゴリーですが、いろいろ仕掛けが考えられていて、空気清浄機なんかも設置されててとにかく豪華。夜わりと遅くに着いて、近くの割烹料理屋さんで隣のおにいさんと盛り上がったり、その後銭湯に行ったりして楽しかったなー。

関連記事:
金沢シェアホテルHATCHi滞在。地方にもトーキョー的デザインホステルの波がやってきた!
金沢シェアホテルHATCHi周辺、ひがし茶屋街の夜を堪能。

hatchi
 

8月 ゲストハウスPongyi

前日のHACHiとは真逆というか、古民家で宿泊人数も少なくて、シャワーはキッチンの横にあって懐かしいアコーディオンカーテンで仕切ってあって、みたいなゲストハウスだけれども、とにかく皆が絶賛するそのおもてなし力。オーナーのまさきさんのお話は、インタビューしていてこちらも学びが多く、よい時間でした。夜はみんなで花火したり、夜バイクでやってきたお兄さんと一緒にゴーゴーカレー食べに行ったり、ほのぼのとゲストハウスっぽい時を過ごしました。

関連記事:金沢2泊目は主計町茶屋街をぶらり散歩し、ゲストハウスポンギーで過ごす。

pongyi

8月 1166backpackers

福井ー金沢ー富山からの新幹線で長野。そして定番のこちら。珍しく完全プライベートで仕事絡みなしでのんびりと。オーナーの織絵ちゃんと朝ごはん一緒に食べたり、とゆるゆるしたあと、志賀高原の大沼池に行って、「ここ、超いい!」ってなって10月にまた来ることになるのでした。

1166_1608

今思うと謎のポーズ・・・。

8月 ドットホステル長野

たまには違うところも泊まりたいしー、個室でのんびり誰ともしゃべらず(笑)過ごしたい〜という感じだったので、ドットさんに宿泊。エアコンがっつり効いてて、ベッドも広くて贅沢な感じでした。その日のゲストはほとんどが外国人だったような。戸隠に行きたそうだったので、ここへ行ってこのバスに乗れ、とにわかガイドしてみたり。壁面に書かれたアートが印象的でした。
 dothostel

10月 IMANO TOKYO HOSTEL

新宿三丁目の駅近くにあるゲストハウス。次の日朝早いバスに乗るからという理由で選んで、まあまあキレイそうだったので利用してみました。スタッフの方の対応などはとてもよかったんだけれども、建物の構造的な問題なのか、音が・・・。コンクリ剥き出しの部屋のデザインや、靴の着脱のあり方、シャワールームとラウンジの位置など、悪くないんだけど、もうちょっと最初に考えられてるといいのになあ〜・・・惜しい!と思った宿でした。ホントに細かいところなのだけども、スタッフの対応だけではクリアできない根本的な問題かと。

imanotokyo

10月 小石屋旅館


8月に行った長野志賀高原の大沼池がめちゃよかったので、DOORSプライベートツアー的な企画で再訪することになり、前泊のために宿泊しました。そしたらなんと以前ゲストハウス蔵で常連のご近所さんだったおともだちが、いつの間にかここのスタッフをやっていたり、その彼が当日誕生日でみんなでお祝いしたり、たまたま夜、渋温泉のお祭りがあって投げられたお菓子をGETしたりと、ものすごく楽しい夜に。ゲストハウスとは名乗ってはないものの、カフェ&レストランがある素泊まりの宿で、すごく素敵でした。冬はスノーモンキー目当ての外国人ばかりらしい。

koishiya

10月 Quality Hostel AIBIYA

オープンしてまだ1週間!の新しいホステルに宿泊。8月に湯田中温泉にあるレストランHAKKOに行ったときにスタッフをしていた人がホステル作っていると聞いたので、「じゃあオープニングの頃に来るよ!」と約束したのでした。そしたら予約第一号だったらしく、宿泊当日もいろいろ便宜を図ってくださりありがたかったです。このときは五人で宿泊予定だったので、個室の一番いい部屋を取ったので、ゲストハウスというよりはまさに旅館的。クオリティホステルと銘打っているように全ての部屋がシングルベッドというのもこだわりなのだそう。

aibiya

10月 とりいくぐる Lounge & Guesthouse

一言だけ、と思ってたのにだんだん長くなる宿泊記録・・・。こちらは二度めの訪問で取材。

取材当日、さあ今から聞きますよ!っていうタイミングで鳥取で大きな地震があり、岡山でも震度3くらいは揺れました。取材相手のひとりが震源地近く出身だったものだから、一時このまま取材も中止か!?という状態に。その後たくさんいろんなお話を聞いて、次の日インタビュイーだった野口さんは声が枯れ気味だったらしい。

dsc07658

12月 UNPLAN Kagurazaka

訪問は2度目、宿泊は初、の東京神楽坂にあるUNPLAN。ゲストハウスプレス初のイベントで、宿泊つきプランを用意し、希望された方と一緒に女性ドミトリーに宿泊しました。なんせここは超キレイ、朝食(特にコーヒー)激ウマ。神楽坂という場所も、早稲田通りや神楽坂上ってくるところからは少し外れている閑静な場所にあるので、すごく清々しい気分になります。これから都内に出てきたときは定宿にしたいところのひとつ。

関連記事:
ゲストハウスプレス初の都内イベントを UNPLAN Kagurazakaにて開催しました【1】ーGuestehouse Press記事
ゲストハウスプレス・イベント報告!金曜夜のトーク後はそのまま宿泊、朝さんぽ【2】 ーGuestehouse Press記事

unplan

UNPLANのバー・レストランを貸し切ってのトークイベント!

 

12月 BUNKA HOSTEL

ゲストハウスオープン1周年イベントで、トークゲストとして呼んでいただきました!宿泊もサービスしていただきありがたいことです。イベント時にはここのデザインを担当した菓子真奈美さんという女性もトークゲストとしていらしていて、BUNKベッドと呼ばれる、サイコロ状のベッドの形状についてのこだわりなども聞きました。部屋が静かで寝心地もよい。混合ドミと女子ドミ両方泊まったけれど、女性専用のほうが洗面とドライヤーの数が多くてよかった!

bunka

イベント後に飲んだほぼ全員初対面のみんなで!

12月 ゲストハウスMARUYA

ゲストハウスプロデュースクラス、というのをグリーンズの学校でやることになり、その講師&舞台として選ばれたのが熱海のゲストハウスMARUYA。合宿スタイルでやるのがいいだろう、ということで、グリーンズとしても初の試みの宿泊型のスクールを開催しました。ここのおもしろいのは、カプセル型なんだけどドアがある!のと、天井は低めだけどカプセルのツインという部屋があること。ツイン泊まったけど、フツーに快適でした。カプセル内で寝る以外のことは何もできないけれど、ラウンジ広いし問題なし。

maruya

2016年はゲストハウスに20泊!

のべ18軒、20泊。多いのか少ないのか・・・まあ普通に考えたらとても多いだろうけど、もっとゲストハウスマニア、みたいな人は世の中にいて、そういう人はもっと泊まり歩いている気がします。ゲストハウスプレスというメディアをやっている人間としてはまあ次第点というところかしら。メディアといっても取材の旅費は自費ですけども。

都道府県数でいうと10県。本当ならどこも2泊以上したいところなのですが最近はあまり連泊する余裕がないのが残念。振り返ると長野率高し!!宿泊以外にも、訪問して見学だけさせてもらっている宿などはもっとあって、そういうのも入れると更にたくさんゲストハウスを見ているかな。
今年はどこにどのくらい泊まり歩くことになるのか、まったく予定も見込みもたててないので、2017年もまとめてみることにしよう〜(覚えていたら)。

とりいくぐる

今思えば2016年、ここの取材が一番印象的だったかも。終わりははじまりの最初の一歩。2017年、また新しいスタートです!

 

2016年にわたしが行った海外の旅まとめ。
旅先でiPhoneから記事更新をやってみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like