2- Lifestyle ライフスタイル 2.4 Photo 写真 2.6−3 DIY リメイク&インテリア

東京蚤の市の記憶 PHOTO Gallery

※上の写真は画面の左右をクリックすると写真が切り替わるギャラリーになっています

東京蚤の市会場で撮影した写真たち

その日の様子はこちらに書いてます。写真からはまったく人の気配が感じられませんが、相当すごい人でした。そんな中での撮影だったので、あまり構図を取ってどうこう写すとかは無理なので、なんとなくいいな!と思った場所をノーファインダーでえいっと撮影する「下手な鉄砲」スタイルです。(写真はクリックすると拡大します)

MX_P7587

どこを切り取っても絵になるような、雑多だけれどオシャレで素敵な商品&ディスプレーでした。

MX_P7639 

古いビンやカトラリーが好き

 MX_P7583 MX_P7584 MX_P7581 MX_P7578

MX_P7569

このコレクティブルズの古ビンだけで写真が何枚も撮れちゃいそうです。今回は敢えて何も考えずにシャッター切りました。このあたりは全て優秀なコンデジ(PENTAX MX-1)を使って、チルト式背面モニターを駆使しています。

アンティークっぽい金具や工具なども好き

 MX_P7570   

DSC03055

この陰影が美しい上の写真は最近購入したナイスなイケメン(SONY α7Ⅱ)で撮影。他の写真もよく撮れてるかなと思いますが、なんというかより暗いところのグラデーションがしっかりでていて深みがあります。(ただしカメラ本体だけでも価格差5倍近いです)

 

カラフルなものたち

MX_P7556

これで何か作れそう?とか思ってしまう。

MX_P7642     MX_P7617 MX_P7606

うひょー楽しい!じっくりひとつひとつの商品を見たいと以前なら思ったはずですが、本気で買う気で見るとめちゃめちゃ疲れるので…この日は見るだけでした。  

古い何かのパーツ 錆びすら味だと思ってしまうマジック

MX_P7588

MX_P7575MX_P7604

目玉クリップなんてただの目玉クリップじゃないか、と思いつつ木のお皿に雑に入れられてるだけでカッコいい。いろんなお店が出店されていましたが、どこもきっとすごく実店舗もよい雰囲気なんだろうなーと思えるところばかりでした。

ただ、とにかくやっぱり人も規模ももはや大きすぎるので、「ゆっくり」「まったり」感はなく、個人的にはこれの10分の1位の規模で開催されてる位がちょうどいいなあ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like