2- Lifestyle ライフスタイル 2.2 Diary 日々のつれづれ 2.6−3 DIY リメイク&インテリア

多拠点居住への道、ラストスパート。荷物移動準備中!

多拠点居住への道、ラストスパート。

2015年秋からスタートした多拠点居住へのトライアルは、最後の仕上げの状態に入りつつあります。高知・土佐山のシェアハウスでの生活のため、ワゴン車いっぱいに荷物を積んで、キャンプ用具やその他これから活動していくときに必要なものたちを移動させた第1段階。 その後いろいろと紆余曲折あり、結果的に実家がある大阪市内のマンションに事務所的なスペースを設けることになったのが第2段階。もともとの実家を使っての環境整備なので、生活は既に出来る状態だから、とにかくパソコンや書類など、仕事をする上で不足のないように環境を整えていくようにする必要があって。
1452614612_thumb.jpeg

秋谷のサロンから徒歩2分でこの風景。つくづく良い環境だとおもいます。

DIYでお部屋改造第1弾は壁の漆喰塗りとペイント、床の張替え

そのために去年秋は、物置部屋と化していた実家の一室のモノを整理して、粗大ごみを出し、その部屋の壁紙がどーしても許せないビニールクロスだったので、上から漆喰を塗り、床のカーペットをフロアタイルに張り替える作業を行った。捨てるか迷って残したグレーの事務用スチールロッカーは、ダメもとで白いスプレーを乱雑に吹き付けて、圧迫感のないように。このあたりのことは追々少しずつご紹介していきますね! そして今度はその整えたお部屋に、今の家から自分の荷物を入れて整える作業が待っているのです。
osaka_diyroom

こちらは大阪のマンション一室。練り込み済みの漆喰を塗ります!楽しかった〜

1452614143_thumb.jpeg

壁と床の施工前

漆喰塗り後

施工後。写真にはあまり壁面がクロスから漆喰に変わった感じが出てないかもしれませんが、全然違う!やはり自然素材はよいですね。

   

DIYお部屋改造第2弾は、木造一軒家の和室の改造

今サロン兼自宅として使っている神奈川・三浦半島海辺の一軒家は、来週からはお友だちに一部屋使ってもらってシェアして住むことになったので、その荷物をどーにかしないと!ということで、一部は実家に送り、また一部は今まで寝室としてのみ使っていた和室に、パソコン含めてすべての自分の持ち物を一部屋に集約する必要があり。 ということで、以前よりちょこちょこ変えていた和室の改造を本格的にやりつつ、引越し荷物の整理などを行っているところ。 いや〜そういうときについ見ちゃう通販サイトとか。 ホントにね、さっさと手を動かせって話なんですが、今日は寒いから(ってホントは関係ない)まったくやる気が出ず、作業がほとんど進みませんでした・・・。洗濯してーブログ書いてー、価格コムでカメラ買いたいな−とか調べはじめて時間が過ぎて、お昼になってお雑煮作って、夕方にビーフストロガノフ作ってーって食べてばっかり(笑)    

意外と難しいモノの仕訳

今回、全部の荷物を持っていくわけじゃないから、ラクな部分も多々あるけれど、逆にこれからここで何を使う?何を使わない? これは引越し荷物としてお金をかけて持っていく必要がある?と、すべてのモノに対して問う必要があって、そういう意味では結構難易度が高いんですよね。 というわけで、まるで試験前の追い込み期間についついマンガ読んだり深夜ドラマ観たり、いきなり部屋の模様がえ始めたりするような「何も今やらなくても」「現実逃避」なことをやっております。でもまあブログ今日2つアップできたしいっか!(^^)
IMGP1177

明日は!がんばります(・∀・)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like