からだラボーMoana blue STUDY

骨髄移植って?

骨髄移植というのは、骨の骨髄内にある造血幹細胞(赤血球、白血球、血小板をつくる元)を移植することです。一般的に血液型とは違い、白血球の型であるHLA型とよばれる型があり、移植する際にはその型が一致しないと移植することはできません。血縁者以外から骨髄移植する際にはドナーと呼ばれる提供者から同じ型のものを移植します。

骨に穴をあけて骨髄液を取るわけですから、単なる献血とは違い、ドナーとなると4〜5日の手術を要するなどかなり大掛かりになりますが、骨髄バンクへの登録時は2mlの血液採取なのでわりと手軽です。

骨髄注射はものすごーーーく痛いと聞いたことがある気がしますが、手術自体は全身麻酔なので痛みはなく、腸骨から採取するので手術痕もそれほどないようです。が、完全なボランティアにもかかわらずまったくリスクがないというわけでもないので、よく考えた上で登録するかどうか決めるとよいように思いました。(この記事のためにいろいろなサイトを読みましたが感動しました)

私自身は貧血気味なので、まずは献血できるからだになる、というのが先決だな、と・・・。 あとは出産時のへその緒から取れるさい帯血も同じ効果があるので、女性ならそちらのほうが少しドナーへの敷居が低いようにも思いました。

骨髄バンクバナー    日本さい帯血バンクネットワークバナー