からだラボーMoana blue STUDY

日焼けの効能

ビーチパラソル今の世の中、美白美白で、メラニンなんて飛んで行け〜日光浴はからだに悪い!!というような風潮だったりしますが、実は適度な日光浴というのは人間にとって大切なことなのです。なぜなら、太陽光の紫外線を浴びることで皮膚でビタミンD3というものがつくられるからです。

ヨーロッパの人たちは冬場太陽光に当たることが少ないので、ビタミンD不足がよく問題になります。 ビタミンDは骨代謝に関係するホルモンとも言われます。体内に入ったビタミンDは肝臓と腎臓で活性型ビタミンDというものにつくりかえられます。それがカルシウムとリンの吸収をよくして、カルシウムが骨に沈着するのを助けるのです。

ですから、適度な日焼けは骨を丈夫にする効果があるのです!でも過度の日焼けはビタミンDの合成能力が落ちますから、まあなにごともほどほどに、ということですね。