1.5-40 関西 2.2 Diary 日々のつれづれ 2.4 Photo 写真 2.6−3 DIY リメイク&インテリア

関西蚤の市に行ってきました!

関西蚤の市にちらりとやってきました!

 第5回目となる関西蚤の市を覗きに、小春日和の日曜日に阪神競馬場までやってきました。

このイベントは、東京蚤の市を主催している手紙社が数年前から京阪神でも行っている大きなイベントで、なんというか一言で言うと「オシャレで洋風な骨董市」みたいな感じ?アンティークフェアにカフェやライブなどがついたイベントといえばよいのかしら。

以前東京蚤の市に行ったときに、その規模の大きさと人の大きさにまじでビビったんですが、なんとなく「関西ならそこまでの動員ではないのでは」といい意味で思い、カメラを持って訪れたのでした。そう、わたしの目的はショッピングというよりはその場の雰囲気を楽しむのと、撮影なんです。

 数年前東京蚤の市に行ったときの様子はこちら↓

天気もよくて紅葉も少し残っていて暖かくて最高の雰囲気でした

会場は個人的に懐かしの阪神競馬場。通っていた大学の近くにあったんですよね。ほとんど足を踏み入れたことはなかったけど、今はすごく大きな設備で駅から直結でびっくりしました。この日は普通に競馬のレースも行われていたので、そっちメインの人も結構いて、明らかに客層が違うんだけど、それほど混ざらずいい感じにお互い楽しめたのではないかと。東京は京王閣っていう競輪場なので、それと競馬(馬がいる)のとは、雰囲気も会場の殺伐度が違うというのもあるかもしれないけれど。

パドックで馬がぱかぱか歩いてるのを横目に会場へ。関西はほどよく混んでていい感じ!

関西蚤の市 ライブ

今回のライブのトリはカジヒデキさん。全然曲は知らないけどいい雰囲気だった!

カジヒデキさんのライブはステージ前は人でいっぱいだったけれど、バックステージ的な芝生では、子どもたちがゴロゴロ転がる中でのんびり眺められるという贅沢。隣ではスクリーンに映る競馬の歓声も聞こえてくる。

天気もよくてぽかぽか日和で買い物目的ではなく、写真撮りつつ雰囲気楽しみたい派のわたしにはぴったり。あまり混んでたら嫌だし、よくこういうイベントではランチ難民になるので、午後ランチ後にいったのもよかったのかも。

関西蚤の市の様子

古道具・古着・食器、雑貨などのほか、リースなどのグリーン系の出店が多かったのが印象的

関西北欧市なんていうのもやってました。マリメッコのユーズドとかラトビア製の皿とかあって、いつもより親近感(10月に行ってきたばかりなので)。

ディスプレイ方法がみんな凝ってる!絵になる光景ばかり

棚もよくみたら古いアイアンの脚だったりだとか、いろんな全国各地からやってきたシャレオツなお店がめちゃめちゃかっこよく陳列していてうっとりする。センスよくこういう場所で並べるのって才能だろうなーと思う。

買うとなったら真剣に吟味するけど、ここではほとんどずっとカメラ片手にうろうろしてます。どこを撮っても絵になるものばかりだし、普段こういうショップの中でカシャカシャ写真撮ったらわりと迷惑だと思うけど、こうしたイベントなら一過性のものだし、ショッピングの邪魔にならない程度ならOKかなと思って撮らせてもらってます。

SONYα73のサイレントシャッター大活躍

最近SONYの一眼ミラーレス、α7の2から3に買い替えたのですが、その理由のひとつに「シャッター音なしを選べる」というサイレントシャッター機能が付いたことがありました。

ミラーレスというのはその名の通り、一眼レンズのシャッターを切るときの「ミラー」がないので、本来は「カシャ」音はしない。そこをiPhoneよろしくシャッター音をあとからつけてるようなものなので、本来ならばシャッター全部なしでもいけるはずなんだけど、やっぱり音がすると気持ちも入る感じもあるなあ。

でもこういうときはあまり大きなカメラでカシャカシャやるとよくないので、しれーっとファインダーではなくモニタを見ながらえいやっでシャッター切ったのがたくさんあります。でもそれでもなんかいい感じ!な写真がいっぱい撮れるんですよ、このイベントは。

南天の実

南天の実かな?秋らしい光景だけど、これは売り物だったのだろうか

レンズは神レンズと巷で言われるFE5518z一択で

ピントが思ったところに(テキトー押しなのもあり)いってない写真もあったけど、概ねかなりいい感じに開放のボケがふわああってなって素晴らしいカール・ツァイスさまの青ロゴが光るレンズです。こういうシャレオツ系の雑貨とか撮るのと最高に相性がいいです。いつも16-35mm使って広角気味で撮ることが多いわたしは、この55mmという焦点距離が未だにあまり慣れられてないんだけれど、とにかく撮ると「なにこれプロ?」みたいな写真が感動レベルで量産できるまさに神レンズであります。

  

阪神競馬場のレースもチラ見

広い競馬場、芝生の上でみんなレジャーシートとか敷いて見学するのいいなあ。本気の人は指定席とかでガッツリ他の競馬場のレースもモニタで見ながら馬券とにらめっこなわけですが。

来たときパドックを歩いてた馬たちがレースをスタート。初めて間近でレース見たけど、めちゃ速い!!!びっくりする速さで駆け抜けていきました。

ちなみにパドックで「6と8の馬が元気だな」と思っていたら、この写真撮影のあと外から6さんがスパークして2着に。トップを走ってた8さんは確か3位。1位は3さんでした。わりといい線いってたのでこんなことなら1枚くらい馬券も買えばよかったかな(笑)

PHOTO GALLELY

他にもたくさん撮ったけど、本当に撮りがいのある被写体だらけで最高です。東京では似た感じのカメラっ子がいたけど、ここではほとんど見かけなかったなあ。夕方からの斜めの光がやさしくて、より絵になる確率が高かったです。

  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA