2- Lifestyle ライフスタイル 2.1 body&mind からだとこころ 2.5-2 Digital tools デジタルツール

Nike Training Clubアプリで走るための筋力トレーニングをはじめたよ

運動してないし体力落ちた。そろそろ本気でやばい

こんにちは。旅人ワンダラーユウコです。今日は旅と関係なさそげなテーマでお送りします。それは体力について。体力が落ちると、精神力も落ちる。なーんて言うとちょっと言い過ぎですが、追い込むような運動は別として、からだのキレがよくないと健康状態もよくなくなるし、踏ん張りが効かない。

以前はちょこちょこ走ったり泳いだりもしてたんですが、ここ数年まったくフィットネスなことをしていませんでした。ちょっと前に少しヨガの教室通ったりしたんだけど、長期の旅に出てる間にその習慣も途切れ、実家にいると自分で全部の食事をコントロールできないこともあって、ダラダラ間食したりして当然体重もずるずると増えていき。

SUPもバランス能力と体幹の筋力が必要

そろそろ本気でやばい。すでにもうおばさん世代ではあるけれど、このままじゃリアルにみっともないBBAになってしまう。春に久々に奄美大島で素潜りしたら、耳抜きとかそういうテクニックの問題じゃなく、体力がなくて息切れがひどくて深潜りできない!!というショッキングな事実も判明したこともなんとかせなあかんと思った一因。つまり体力がないと旅も楽しめないのだ。

息止めして水面に戻ったらハアハアして次が潜れない!

久しぶりに走りたくなったけどブランクありすぎ

で、1ヶ月くらい前から、なんとかしなくてはと思い、まずはからだの状態を直視するところからスタート。セルフで筋膜リリースできるフォームローラーとストレッチポールを使って、からだをセルフマッサージ&ストレッチしたり、アミノ酸や酵素ゼリーを摂ったりして栄養面も見直し。

でも少しやってみて、それだけじゃやっぱりあかん!と、やはりちゃんとトレーニングすることにしました。ジョギングでいいから走る習慣も復活させたいけど、今のままじゃ筋力なさすぎて膝とか絶対怪我してしまう。(昔、勢いでトレランで下り走って膝痛めて治るのに半年くらいかかった実績)

3月に行った金比羅山も階段キツくて筋肉痛になった

文明の利器に思いっきり頼る作戦

でも、走るのって最初の数週間がきついんですよ、筋力も心肺能力も落ちててからだが負荷に慣れてない。前に走り始めたときも最初たったの12分間走が永遠かと思うくらい長かったのをよく覚えている。

トレーニング方法はそこまで詳しくないけれど、わたしはからだと仕組みと筋肉の成り立ちについては専門家(1年間アメリカでからだと筋肉について専門的な知識を勉強した筋膜リリースもやるボディセラピスト)なので、その知識を思う存分自分のために使うときではないかと思ったわけです。

海外の旅先でのマッサージも趣味と勉強を一応兼ねてる

そのためには効率的に、楽しく、飽きずに、怪我せず走れるからだをつくる必要がある。根性なしの飽き性なわたしには、何かしら工夫が必要なので、文明の利器に頼る作戦を取ることにしました。

作戦その1:Nike Training Club(NTC)

で、いろいろ考えたんですが、作戦その1として、走るための体力と筋力を補完するため、筋トレもやることに。YouTubeとかいろいろ探したんですが、一番よさそうだと思ったのがNIKEが提供している無料アプリNIKE Training Club(NTC)でした。

スマホアプリで疑似パーソナルトレーニング

NTCアプリをダウンロードしてユーザー登録し、必要な情報(生年月日や身長体重など)と目的(ダイエット・フィットネス・運動能力強化)、運動頻度や持ってる器具などを登録すると、自分に合ったトレーニングメニューをAI先生が考えて提案してくれます。

わたしはブランクがありありの走りたい人なので「スタートアップ」でたまに走るをチョイス。

締まった大殿筋を目指す!w

Nike Run Clubアプリと併用可

NIKEがやってるアプリというと、以前はNIKE+っていうのがあってそれを利用していたこともあります。今回改めて調べてみると、数年前からNike Run Clubというのにバージョンアップされていました。GPSが進化して、どこを走ったとかも記録されてたりします。

わたしも昔のアカウントが復活して、以前走っていた頃の記録が蘇りました。それによると最後に走ったのは2012年の12月。5年以上前か・・・・。今より5歳若かったのよね、とか思っちゃいけない。いつも誰でも、自分の人生で一番若い時間が今ですからね。

走る記録はこちらで運用し、NTCと併用しながら記録をためておけます。ログをとるとやる気が出るのは前も思ったことだし、今になった昔の走った記録に励まされたりして、ありがたいことよ。

旅する体力はあるようだけど、食べるとからだに如実に出るのは厳しい!

心拍計も新調、ランウェアも!

何事もかたちから入るタイプです。ジムの入会金とパーソナルトレーナー代と思って心拍計も新調しました。前につかってたSUUNTOのやつ、いつの間にか壊れてたし・・・。久々に調査してみたらものすごーくこの分野進化してるのね。ということで数日研究してGarmin先生をポチッと。ウェアも一応あるんだけど、新たにちょこちょこと買いました。とりあえずランシューズはそのまま履いてみるけど、ゴムの劣化もあるというので違和感があったらこれも新しく買うかも。

心拍を意識したトレーニングはすごく大事だと思っているので、今回心拍数測れるランニングウォッチは奮発しました。その話はまたおいおいと。これから走り始めたら記事にしまーす。

こうやって新たに何かをはじめるときに、設備投資をして自分にアメを与えつつ後戻りできない理由をつける。ブログで書くのも公表したらひそやかに止めるというのができなくなるというプレッシャーを狙っております。

ふーん?

目標は10kmランできる体力をとりもどすこと

フルマラソンとかトレイルとかはいいんです。昔一緒にゆるトレランしてた仲間の数人はいつの間にかものすごい世界に行ってたりしてるけど、わたしの目標はどちらかというとフィットネス=健康増進。

10km走れる、つまり1時間くらいスピードださなければ楽に走れるよっていうくらいの体力がつくのが一番健康によいのではないかと思うのです。おそらくだけど今は1,2kmジョグしただけでへろへろ&足のスネとか筋肉痛になりそう。

1時間くらい心拍を上げすぎず適度な負荷で走り続けたら確実に体脂肪率も落ちるし、心肺能力もアップする。そしたら今は通勤でよれよれとママチャリ並みのスピードで走ってるロードバイクももうちょっと長い距離楽しく走ろうっていう気になるだろうし、体重も当然多少は落ちる。ごはんも美味しく食べられるし、毛細血管が増えるので手足の冷えも改善されるはず〜いいことづくめ!

こういのを食べても「走ればチャラ」になるくらいの体力が目標っす(笑)

香川の名物・骨付鳥

旅ランできるくらいになりたい

少し前に四角大輔さんのニュージーランド話&フィットネスライフのトークショーに行ったのもいい刺激になったのかも。クソ暑いアジア諸国では絶対そんなことしたくないけど、気候のよいハワイとかヨーロッパとか夏以外の日本国内で、旅先の川辺とか湖畔をジョギングするみたいなの、ちょっと憧れる〜。

昔、フランスのレマン湖のまわりを自転車で一周した人のWeb日記読んで、真似しようとおもってMTB持ってフランスに行ったことがあるくらいだから、きっとやろうと思ったらできるはず!(ま、レマン湖一周は途中ですぐに諦めたんだけどね)

いつか友人と「日本素潜り紀行」もやりたいと話しているのだけれど!

 

Social Share

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA