1-Travel 旅 1.01.1 Morocco モロッコ 2.4 Photo 写真

モロッコ女子ひとり旅 ーマラケシュ・モザイクデザイントラベル

2017年12月ドバイ経由でモロッコへ1週間旅。写真で旅を振り返っています。旅行記と記録は #2017モロッコ  からどうぞ。
Instagramは@wandererslifejp で海外PHOTOを紹介中!

モザイクタイルいろいろ

このモロッコのタイル模様はゼリージュ(Zellij)といわれるもので、カットしたタイルを組み合わせて幾何学模様を作るモザイクタイルのこと。伝統的に使われてきたタイルの色は、白、黒、青、緑、黄、赤、茶の7色が基本。近年は水色なども加わり10色ほどのバリエーションがあるようです。

幾何学紋様のパーツのバリエーションは360種類以上といわれ、それぞれの形に「イチジクの葉」「オリーブ壺」などの名前があります。ゼリージュの技法は古くはイランなどの中東でも盛んだったけど、今も作られているのはモロッコだけ?のようです。ちなみにZellijの名前でGoogle画像検索してみると、目がチカチカするくらいこの模様で溢れてます。

アラビック模様とアーチ

モロッコ大使館による建築・インテリアの特徴によると

モロッコの伝統的な建築様式は、街路に面した壁には窓も少なく扉も閉ざされていますが、内部には広く明るいパティオ(中庭)が設けられ、緑豊かな空間が広がり、外部からは想像できない開放感あふれる造りになっています。典型的なインテリアスタイルは、カウスと呼ばれるアーチ型の入り口から部屋へと続きます。室内のリビングルームの窓際に沿って低い長椅子がコの字型に並べられ、たくさんのクッションが置かれています。美しい細かなモザイクタイルや石の床には、大小のカーペットが敷かれ、独特の色の世界が展開されます。お客様のおもてなし、又家族や友人たちが集まるゆったりとくつろいで語り合う“ゆとりの空間”が生まれます。又ステンドグラスや皮のランプなどの暖かい照明は、エキゾシズム溢れるモロッコのインテリアとして欧米でも人気が高く、数々の雑誌などで紹介され、今や憧れの的となっています。ーモロッコの魅力より

このアーチ状の入口はカウスと呼ばれるらしい。とにかく精細な模様、色とかたち。シンプルベストな日本とは真逆の世界観が旅心をくすぐります。

 

      

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like