1-Travel 旅 1.02.7 Korea 韓国 1.7-7 LCCの旅

韓国LCCジンエアーで関空ーソウル経由で東京へ

東京出張予定を楽しくしたい!

6月中旬のキューバ、メキシコ、6月下旬から7月初めの新潟と旅が続いて、設けて海外は当分…と言った舌の根も乾かぬうちに(笑)またパスポートを使うことになりました。

いろいろスケジュールが押して行くことになった東京。ただ行き来するだけじゃ面白くない。なんか楽しくできないだろうか?と考えたのがソウル経由ルートです。

 

ソウルの伝統家屋を利用した小さな店舗たち

海外経由で東京ルートを探す

帰りはJALの特典マイル航空券を予約してるので、行きだけ確保する必要があって、どうにもただ新幹線とか使ってお金を浪費するのはどうかと思ったわけです。まあその発想自体が「ヘン」って言われたらその通りなんですが。

旅人ワンダラーユウコとしては、同じ値段で行けるなら新たな楽しみ方とルートを見つけるのは楽しみのひとつなのです。それに、こうしてブログのネタにもなるし、海外ゲストハウス調査のひとつでもある。

韓屋を使った個室タイプのゲストハウスに宿泊してみた

ソウル経由はアリ!LCCも多彩な選択肢

調べてみると、結構ありました!関空にも成田にも飛んでいる格安航空会社が。これで1.2日ソウルに滞在して成田に向かうプランが急浮上。

最近あまり韓国に興味を惹かれなかったので、韓国LCCについてはノーマークでした。Peachも両方飛んでるけど、帰りが深夜の羽田便。微妙に使いにくいことが判明。深夜1時過ぎに羽田に着いてもなあ・・・。スーパー銭湯で夜明かしするプランも一瞬考えたけど、結局寝られないだろうし体力的にきつい。

韓国のLCCはエアソウル、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサンなどがあり、それぞれ関空、成田だけでなく各地方都市にも飛ばしています。もちろん大韓航空やアシアナ航空という通常の航空便もあるわけで、毎日相当数飛んでるんだなーと改めて驚き。

ジンエアーのユニフォームはなんとジーンズっぽいパンツ

当初はエアソウル予定が…

ということで、当初選択肢に上がっていたのがエアソウル。

ここは普通に検索すると関空ーソウル一番安いプランだと3,000円とかで出てきます。しかも1日3便もある。びっくり。そりゃ大阪にコリアンが大勢いるわけだわさ。

で、ソウルー成田のほうは1日2便。一番いいのが朝イチにソウルを出て午前中の早目の時間に成田に到着する便なのだけれども、エアソウルのほうはちょい到着が遅い。そうすると肝心の東京の予定に間に合わない(本末転倒すぎる)。

なので、今までやったことのない海外ミニマムステイ1泊2日にチャレンジ!と思っていたのですが、いざ予約!とトライすると最後の決済前の画面でエラーが出続けて。

MacのChromeがだめで、Safariに変えてもだめで、iPhoneでもだめで、半日待っても変わらなかったので諦めました。往復14,000円代で一番安かったんだけどな〜。チケット取れなきゃしょーがない。

昔より伝統家屋の復元みたいなのにチカラを入れてる気がする

ジンエアーで関空ーソウルー成田

というわけで、方針を変えてExpediaの航空券比較サイトで調査。すると、JinAir(ジンエアー)という航空会社にわりと都合の良い時間帯の便が出てきたので、結局それを取ることにしました。

1泊2日のはずがそれだと最終日早朝発になるけど2泊できるから余裕もあるし。ということでどんどん日程が長くなり、値段も想定より多くなるという・・・。

とはいえ、関空ーソウルとソウルー成田の2便あわせて23,000円だから、そこまで高くはない。片道の新幹線代よりは高いし、宿泊費とか考えるとまあもちろん多少費用はかかるんですけど、そこは旅の楽しみが加わるということで。

おしゃれ~なホテルも閑散期の今なら半額セール中でした!

荷物規制が少ないのはGood

ジンエアーは大韓航空系のLCCで、LCCにしては荷物制限がゆるいというか少ないのがありがたい。とはいえ今回リュックと大きめの肩掛けカバンのみのミニマム装備で来たので余裕で手荷物のみでOKなのですが。これ何kgあるかな?オーバーしないかなって考えることがまずストレスだったりするので、重量制限が甘いのはありがたい。

こういうのが残ってるのはなんだかホッとする

LCCの予約は追加費用に注意!

そう、LCCで予約するときは、航空券単品の値段がたとえ3,000円でも、追加で座席指定したり荷物預けたりしたらそれぞれ追加料金、機内食も別料金、空港使用料も追加され、カードでしか買えないことも多いのにカード決済手数料もまた別、というふうにどんどん加算されていくので、総額は航空券代の倍とかそれ以上になることも多いので最後まで気を抜いてはいけません。

注意してどこにお金をかけるのか?どこは妥協できるのか人によってこだわりどころは違うので、見極めながら選んでいくことが大事です。

あと人気のある時間帯や曜日によっても当然ものすごーく値段が違うので、そういうものだ、と思って安いお買い得商品を探す楽しみとして私は捉えています。

壁画アートなのかラクガキなのか・・・

軽く15年ぶり?の韓国・ソウルです

以前来たときは、まだカメラがデジカメじゃなかったような・・・そんな昔。ずいぶん時間が経ちました。というわけで今コレ書いてるのはもう帰り間際なんですが、いろいろとまちの変化について考えさせられました。

タイ・バンコクでもそれは感じたけど、あっちはもう完全に別世界ってくらい発展しちゃったので比較のしようもなく。でも韓国はなんというか日本に似てて、ゆるーくあまり変わってないようで、でもいろいろ変わっている&日本と比較しやすいというのがあって、とくにモノの値段について今回はいろんなことを思った滞在になりました。

細かい話はどこまで書けるかわからないけれど、おいおいそういう話題も書いてみたいな、と思っております。

以前も来たという記憶だけあったサムゲタンの名店・土俗村 たぶんすごく増床してる

Social Share

You Might Also Like