1-Travel 旅 1.03.1 Portland ポートランド&南オレゴン 2.6−3 DIY リメイク&インテリア

ポートランドのインテリア&アンティークショップの数と規模はハンパなかった!

 ポートランド&オレゴン情報をまとめてみるにはこちらからどうぞ!

アメリカ最大のアンティーク&コレクティブルショーが開催される街

ポートランドは、アメリカでも最大級のアンティークやコレクティブルズ(そこまで古くないけどビンテージとされている古めの道具や陶器・家具など)のショーが年3回行われるそうで、アメリカ雑貨や家具バイヤーさんはそういうときにポートランドに訪れてガッと買付けをなさったりするわけですね。

そういう街だからか、はたまたDIY文化が根付いているからか、とにかく古いものを大切にリユースするのがかっこいい、そっちのほうがオシャレという感覚が当たり前にあるんだなーと思わせるお店がたくさんありました。

 

Coava Coffeeのすぐ近くにあったインテリアショップに釘付け

Coava Coffeeから1ブロック行ったところにあって、たまたま見つけた建物。外からは何屋さんかも不明だったけど、入ってみたらビックリ!な規模の照明を中心としたインテリアショップでした。中古のものと新しいデザイン性の高いもの、取っ手などのパーツが売られていて、こういうジャンルは日本にないな〜とうっとり見ておりました。

 

 

REJUVENATION

いろいろかっこいい!スツールとか買って持って帰りたくなる!!

陶芸作家とコラボしたオリジナル商品?このコーヒードリッパーがかわいくてすごーく欲しくなったけど我慢したー

全部売り物。ベル?キーケース?時計?いろいろな古いものたち 奥は古い取っ手

THE AMERICA!なイメージ

とにかく売り場全体の情報量・商品量がハンパなくて、全部が宝探し状態でクラクラするほど。この中から自分の趣味とインテリアの傾向に合うものをセレクトするってかなり難易度高め。しかも中古も多いので、コレクティブル(アンティークよりちょっと新し目のビンテージもの)なのか、そうでもないのか、メンテナンス状態なども見極めないといけないからよりいっそう。

この辺は普通のインテリアショップっぽい

で、ここでオシャレなiPhone要のLightningUSBケーブルを買ってしまった。(めちゃかわいかったけどすぐ断線した・・・)

さらに他にも!どこも規模がすごい。

 

CITY HOME

値段はそんな激安ってことはない。

思わずスツールならハンドキャリーでもって帰れそう、とか意味もなくシカの角とか買いたくなる。 

部屋っぽくディスプレーされているコーナーもある

  

このアヒルの顔に目が釘付け

AUROLA MILLS

本当のガラクタから貴重な品まで、中古文化が根付いてる

近くをフラフラ歩いてるだけですごい規模の倉庫っぽいお店が数軒。きっと他にもたくさんあるんだろうなあと思える場所でした。

どこも毎回行く旅に何かしら新しい驚きがあるような、そういうお店だし品揃え。いわゆるチェーン店にはないものたちが溢れていて、いつも見ているアメリカのホームセンターやウォルマートの雰囲気とは全く違う世界がそこにはありました。

もともと部屋のインテリアデザインなどは好きだし、無印の店長時代にショップのディスプレーや陳列もやっていたので(昔は今より全然システマチックじゃなかった)こういうの見るとなんというか「うお〜!!」って妙に燃える。

 

で、ここの50%OFFコーナーで数点お買い物。一緒に行った友人は、「ほえ〜」って見てるだけで、買おうという感じはまったくなかったのに、わたしは1人でいろいろ興奮してました。

売るアテもないのに買い付けとかしたくなる

買い付けってすごーくエネルギーを消耗する。むかしむかし、20年くらい前にインターネットで雑貨屋さんやったらおもしろいんじゃないかと模索したことがあり、香港やマカオでテスト買付けっぽいことをやってみたこともあるのですが、いやー疲れる!本当に。

雑貨のバイヤーなんてすごい憧れる人いっぱいいると思うけど、イメージとやるのでは全く違う職業で、全然オススメしない。特にこういうインテリア雑貨系は重いし割れるし壊れるし、原価高い上にかさばるから送料もかかるし、でいいことなんかないっす(笑)やってる方は本当にご苦労さまです、と思います。

でも、なんかこれ、売れそう、とか思ってしまうのはなんだろう??・・・

Rejuvenation

 

Social Share

You Might Also Like