1.7-6 旅と仕事のバランス 2- Lifestyle ライフスタイル 2.5 Freelance フリーな働き方

自分の「売れる」強みとは?

先週は東京界隈にいました

こんにちは!旅人ワンダラーユウコです。わたしがやっているプロジェクトのひとつ、日本のすてきなゲストハウスの人を紹介するゲストハウスプレスのフリーペーパーの制作・配布作業などなどのため東京に滞在し、比較的新しめのゲストハウスに泊まりつつ、いろんな人にお会いする日々でした。

少し前から、去年よりスタートした自分のキャリアとライフスタイル再構築の仕切り直しに入っています。
いよいよ本格的に「何して遊ぼう?」「どんな仕事が楽しく世の中のGOODなことにつながっていけるか」「旅しながらそれをできるか?」「いや、わたしの旅そのもの、生き方がコンテンツになり仕事につながらないか?」を真剣に考え、行動に移す時期なのかなと考えているのです。

自分の商品価値を吟味する

仕事上のキャリアに関して「自分は何の取り柄もないから・・・」と謙遜できるうちは、まだ全然現状に満足している(または不満から抜け出すための苦労をしたくない)状態です。わたしは社会人生活もう20年以上やっていて、その中で組織に属さずいわゆる自営業者・フリーランスとして生きて13年。いろんなチャレンジもしたけれど、嫌なことは徹底してやらない、も続けてきました。

わたしのいやなこと。それは「通勤」。あの9時ー5時の電車通勤に象徴される規則正しい生活がものすごーく苦手なんです。社会人になってからそういう生活をしたことは実はほとんどなくて、小売業はお店のシフトで遅番とか多かったし(早出も残業もありましたが)いわゆる会社の事務所に朝出勤する、というのをやったのは2年くらい?そのときにストレス性の病気にもなったので「自分がいやなことは身を滅ぼすのでやらない」と心の底から決めたのでした。そもそも高校時代くらいから「サボり魔」「午後出勤」とか言われていたしなあ・・・(笑)

そして「通勤しなくていいのなら、他の努力はする!」と、ハワイのマッサージ学校に1年半留学して英語で授業を受け専門的な技術を身につけたり、独学で学んだWEBサイト制作を請負ったり、インターネットを駆使したセルフブランディングのマーケティング手法を使って、ほぼ口コミとネットコミだけで、12年間海辺のマッサージサロンを運営し続けたり。旅の楽しさを伝えるため、人を募ってツアーみたいにご案内するサービスをやってリピーター続出のコミュニティになったり。結果的に自分の強味を活かした商売がある程度は出来てきたかな?

話が逸れましたが、つまり自分が築いてきたキャリアはすべて、「自分がやっていて楽しくて人の為になることを提供し、喜んでもらうこと」。
ボディセラピーというのはそのわかりやすい最たるものですが、自分が好きで得意で楽しめて、相手が報酬を払ってでも得たいメリットがあるものっていったいどんなことだろうか?と今、改めて考え直しているところです。

価値の棚卸(たなおろし)をする

 自分にどんな「売れるような」価値があるんだろう?ってあまり真剣に考えてしまうと、「そんなのない・・・orz」ってなってしまうので、遊び半分とか人によく言われることとか、あるいはプチワークショップみたいに、友人数人に「すごいなーと思っているところ」を聞いたりするのもいいと思います。長所と短所はほぼイコールなので、自分が短所だと思っていることは、実は最大の長所だったりします。

たとえば「時間にルーズ、気が変わりやすい」と自分が思って欠点だと思っていることが、見方を変えると「柔軟性がある、細かいことを気にしない」長所だと捉えられることもあります。そんなふうに、「自分では当たり前、当然だと思っていることが、他の人にとってはありえないくらいすごい」みたいなことは、結構だれでもあるものです。

自分の価値の棚卸(自分の持ってるコマを全てカウントして現在庫を把握する)をするって、1,2年に一度はじっくり取り組むべきものなのかもしれません。

 

自分ができること、得意なこと。好きなこと、続けられること 。
細かくハートに聞きながら、行き先を進めていきたい

そんなわけで、今、2013年からやっているゲストハウスプレスの収益化について、ようやく真面目に考えはじめました。ゲストハウスだけにとどまらず、わたしがヒマをつくってあちこち旅しまくっている今のこの状況と内容を、うまく必要としている人や会社につなげていきたい。

それは、旅の楽しさを伝えることなのか? ノウハウ的なものなのか、いろんな人と知り合ってお話を聞いて、信頼関係を築いてきたことなのか?わりと誰とでも親しくできてケンカせず、自分がいるコミュニティが盛り上がることなのか? それともフラフラ20年近く縛られるものをなるべく減らして楽しく生きてきているその秘訣みたいなものなのか?

まあきっとその全部!だとは思うのですが、今まで「これをやったら(ビジネスとして)成り立ちそうだけど、大変そうだから(今は)いいや」と思っていたことに、いろんな人の話を聞き、ありがたいことに、なんとなくみんなに「ちゃんとやれ」ってお尻を叩かれているような感じもあるし(笑)とにかく長続きして発展性があり、自分がやることに意味や意義を感じる楽しいことを追求して、ハートに嘘をつかない生き方をこれからも貫いていきたいと思っています。

春、4月。あたらしいことをスタートするのにはとてもよい季節。
これからどんな展開が待っているのか、まだ想像つきませんが、とても楽しみです。

 

 

You Might Also Like