1-Travel 旅 1.5-50 中国四国

台風中継で有名な室戸岬に行ってみた!ー最果てロマンを感じる絶景ポイント(高知県室戸市)

室戸岬はとても遠い

台風が来るとよく中継される室戸岬。なぜかというとものすごく突き出していて風がガンガンに当たるから。昔、室戸台風第二室戸台風っていうのが西日本を襲って、京阪神一帯はものすごい浸水被害があったというのでもその名前が知られております。

ここはとにかくどこから来ても遠い!と実感する場所。高知市内からも車で約2時間、徳島市あたりからだと3時間以上かかるはず。(大阪からは室戸行きの高速バスがあるらしい)昔は、室戸より徳島寄りの甲浦(かんのうら)っていうところにフェリーが寄港していたんですが、もうずいぶん前、明石海峡大橋が出来た後くらい?に大阪ー高知を結ぶフェリーがなくなり、それとともに甲浦に来る客船はなくなりました。

室戸岬の展望台から西・高知方面を見るとこんなかんじ

恋人の聖地でたそがれる

確かここには子ども時代も入れると2回くらい訪れているはずですが、細かい記憶はほぼなし。とにかく展望台のほうに行ってみることにしました。

電波塔や気象観測装置などがあると思われる

で、この展望台がなぜか「恋人の聖地」だそうで。 

そうですか、ひとりで来ちゃいけませんですかね・・・。と落ち込むわたし(笑)。

岬といえば、灯台。

岬あるとこ灯台あり。
ということで、マニアというほどではないが灯台好きのわたし、当然見にいきます。

室戸岬灯台は、岬の先端にあるわけではなく、先端付近の小高い山の上にあります。
このほうが当然太平洋からよく見えるわけですね。

展望台の駐車場から少し歩いて近くまで向かいます。

じゃーん!美しい!!

室戸岬灯台

室戸岬灯台(むろとざきとうだい)は、高知県室戸市室戸岬町の室戸岬付近の高台に立つ白亜の鉄造灯台。周辺は、室戸阿南海岸国定公園に指定され、太平洋を望む風光明媚の地。光達距離26.5海里(約49km)は日本一。また、日本に5箇所しかない直径2.6メートルの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台でもある。更には、日本の灯台50選の一つ、その歴史的価値から海上保安庁によってAランクの保存灯台にも指定されている。(wikipediaより)

 

wikiを見てたら、日本の灯台50選というのがあるらしく、ちょっと制覇したくなった・・・。(今までに行った記憶があるのが20くらいかな)

第一級のフレネルレンズというのがこのガラスの大きいレンズ。わたしはレンズのことまでよく知らないけど、確かにこのレンズは大きいし綺麗。
最近はLEDに変わってしまう灯台も多く、しかももう製作してる業者がなくなりつつあるっていうのも聞いたことある。壊される灯台も多いらしく、もっと全国挙げての灯台保存ムーブメント&ツーリズムとかやったりとか、なんとかならんもんかね・・・なんて思ってしまう。

室戸岬の先から見た室戸岬灯台

海岸からみた灯台はこんな感じ。山のてっぺんで白く出っ張っててちょっとかわいい。

灯台と岬はこんな感じで離れております。

室戸ユネスコ世界ジオパークに指定されています

周囲は室戸ユネスコ世界ジオパークというのに指定されていて、地形や歴史などを関連付けて学べるような包括的な自然公園ということになっております。世界ジオパークネットワークというのに指定されていて、サイトなんかもわりとしっかりつくってありますが、こうなんというか、もうちょっとお行儀良い学習っていうのより、アドベンチャーに振ったツアーサービスなんかがあるといいのになあと個人的には思ったり。

パラグライダーとか水にジャバジャバ入るとかそういう冒険系のものをもっと・・って思ったりするけど、実際日本人はやる人少ないのかなあ。お金がかかるからっていうのもあるかもしれないけど、もっと気軽にパッとその場で楽しめるものと、気合を入れて申し込んでいざ!っていうプログラムがあるといいなあ。だいたいどこも今って観光施設の体験プログラムって、「かなり事前に申し込む必要がある」ものが多く、しかもその内容がそ万人受けする「歴史を語る」おっちゃんがいたりとか、「子どもに受け入れられる」やさしいプログラムかどちらかしかないのが不満。

もっとその場でオリエンテーリングみたいに遊歩道歩いてるときに受付したら無料でシートがもらえて、それをを持ってブラタモリっぽく学べる、とかそういうのがあるといいのになー・・・ぶつぶつ。

何故かネコだらけの展望台駐車場

ところでこの景勝地・室戸岬灯台ですが、3月の平日にはどなたもいらっしゃらないようで。(しかもここは一番近いところじゃなかったかもしれない)

なので、人よりもネコさまのほうが威厳があるようす。

何しに来たん?

元バス停みたいなところは、地元の人がこのネコたちの保護のために家をつくってあげてるようでした。なかなか圧巻です。  

手作り感あふれまくりのネコの家

ほぼみんな、寝てました

で、このこたち、ほぼ全員寝てました。
倒れてるからなになに?って思ったら・・・

爆睡中のご様子。

まあ天気のよい午後でしたからね。そりゃあお昼寝もするでしょうよな気候でした。

おっと、こんなとこにも!

わっ、こっちがビックリしたってば!

わっ見られた!

あんまり野良猫で木に上ってるとこ見たことなかったからちょっと驚きでした。

室戸岬

 

アクセス方法はこちら(室戸ジオパークリンク)が詳しくてわかりやすいです

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Social Share

You Might Also Like