1-Travel 旅 1.7 旅のお役立ち 1.7-1 Destination 目的地選び 1.7-4 個人旅のコツ

はじめての海外個人旅行にふさわしいのは?タイプ別目的地ベスト4+おまけ

海外個人旅行は敷居が高い?

こんにちは!旅人・ワンダラーユウコです。今日は海外旅行はパッケージツアーしか行ったことない、または海外に出たことがない人が、初めて行くならどこがおすすめか?をタイプ別にご紹介してみたいと思います。わたしが初めて海外に行ったのはもう・・・年数考えるのはいやになるほど前ですが、1992年??家族とではなく、友人とカナダに行ったのが初海外でした(現地フリーのツアーだったな)。それからもう20年以上が経ち、あの頃のウブなわたしはもうどこにもいない・・・そしてこれを読んでる方でまだ産まれてもいないってな人もいらっしゃることでしょう・・・

とそれはさておき、それからもう最低30回?もっと?は海外を旅している私。海外出張などの仕事ではなく、旅ライターをしていたわけでもなくこの回数は結構誇れるんじゃないかなと自負しております。

そんなもうだいぶ経験を積んだわたしですが、今「初めて海外に(パックツアーじゃなく)個人旅行で行くんだけどどこがいい?」って聞かれたらなんて答えようかな?って思って考えてみることにしました。
そこで、まずはその人がどんな志向かによって、オススメの旅先って変わるので、タイプを4つに分けてみました。

あなたはどのタイプ?

タイプ1ー都会派

どちらかというと都会派。ショッピングや街の様子などを楽しみたいタイプ

タイプ2ー自然派

どちらかというと都市よりも大自然のダイナミックな風景などを楽しみたいタイプ

タイプ3ー欲張り派

ものすごく秘境じゃなくてもいいから、街も自然もまんべんなく両方楽しめたら最高な欲張り派

タイプ4ー冒険派

日本とは全く違う環境にあっと驚いたり刺激を受けたりしたい!快適さよりアグレッシブな環境に身を置いてみたいタイプ

それぞれのタイプに合った初体験♪によさそう!な国や地域をご紹介します!個人的な実感に基づくものなので、絶対の保証はしませんが、かなりいい線行ってるんじゃないかと思うんだけど・・・どうかな?では、お楽しみください!

まずはタイプ1から!

タイプ1・都会派のあなたにおすすめ目的地は?

シンガポール

著作権フリーの借りものですがシンガポールの超高層ビル群

 

理由


空港からの移動が楽!
ホテルやレストランのレベルが高い
探せばオシャレなホステルもあり
ひとりで楽しめる場所も多い
英語と漢字文化もあるので動きやすい

移民国家であり、国自体が小さいシンガポール。空港の使いやすさ、アクセスの簡単さ、交通網が発達していて地下鉄でかなりの部分を移動可能なところや、昔はガッカリ名所だったマーライオンも今は立派な公園となって、近隣のカフェやショッピングモールも発達しているので、日本と同じ感覚で旅かできます。

物価は為替もあって今は全体的に高めなのですが、ホテル代などを除けば日本並みと思えばそれほどでもないかな。

じゃあ日本と同じか?というとやっぱりそんなことは全然なく。マレー系、中国系、インド系などそれぞれが小さなエリアで独特の雰囲気を持ってますし、屋上にプールがあるマリーナベイサンズホテルのルーフトップバーやナイトサファリで有名なシンガポール動物園、など、日本では体験できないことも数多くあります。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイと奥にあるのがマリーナベイサンズ

日本からの距離もそこまで遠くないし時差も2時間?とそれほどないので、そういう意味でも行きやすく、文化の違いも感じられる場所じゃないかな!英語ができない…と思っても、今はGoogle翻訳もあるし、地下鉄さえ乗りこなせれば、そこまで苦労しないと思います!

タイプ2・自然派のあなたにおすすめ目的地は?

ニュージーランド

氷河が削られてできたミルフォードサウンド

理由

親日的。国土の広さも日本の感覚に近い
食べるものがしつこくなく、口に合いやすい
公共交通網(バスと列車)での移動も比較的充実
安価なホステルやロッジも多い
現地のアウトドアアクティビティも豊富
日本人がわりといる

日本にはない大自然を体験したい!けど食事や文化があまりにも違うと刺激が強すぎ?
そんなあなたにはニュージーランドをおすすめします!

ニュージーランドは北島と南島がありますが、特にクライストチャーチがある南島のほうがコンパクトに見所がまとまっていて行きやすいかな?わたしがニュージーランドに行ったのは大学の卒業旅行でもうひと昔以上前なのですが、きっといい意味で大して変わってないかと。

人もいいし、治安もよいし、親日的ださ、ツーリストを受け入れる体制も万全。言葉が不安な人は、現地まではフリーで行って現地ツアーに申し込むという手もあります。ワーホリなどで滞在してる日本人も多いので、そういう点でも安心ですね。

わたしは昔、南島のクイーンズタウンという町で、当時世界最高地点からのバンジージャンプ(ちなみに104mだったかと)とラフティングとスピードボートを1日で体験するという、エキストリームなツアーに参加しましたが、今でも強烈に覚えているくらいすごい体験でした。

こういう湖と山がニュージーランドの特徴的な風景かも

他にも北欧のフィヨルドみたいなミルフォードサウンド、1週間かけて歩くというミルフォードトラックをはじめとしたトランピングー低地のトレッキング、もちろん大量にいるヒツジさん。食事もわりと薄味で日本人に馴染みやすい。

イギリス系なので紅茶の習慣が昔はほとんどでしたが、最近はオーストラリアとともに、コーヒー文化もすごいらしい。ワイン好きにもよさそうですね。あー書いてたらまた行きたくなってきた!(笑)

オーストラリアは行ったことないのですが、ニュージーランドのほうがよりコンパクトで移動もしやすそうなイメージです。同じ感覚だとカナダも近いけど、ここは車がないとツアーに乗るしかないからちょっと不便かも。大自然の達人級になるとマチュピチュがあるチリとかよさそうですが、高山病もあるし初めての人が行くにはだいぶ冒険度が上がるそう。同じ理由でチベット圏も難易度高い。
政治的な理由、地震の影響もあってネパールも今行きにくいですしね。(ただ全部めちゃ景色はよさそう&自分は行ったことないので想像です)

タイプ3・欲張り派のあなたにおすすめ目的地は?

ハワイ・オアフ島

次点ーカナダ・バンクーバー 
3位ーサンフランシスコ
 

理由


日本語が通じる(ところもある)
海はキレイで風がさわやか
バスが島中を巡っていて格安で一周できる
ブランド物やハワイ小物などショッピング派も満足な品揃え
サーフィンやフラ、ハイキングなど自然アクティビティも豊富
気軽にハワイやアメリカの文化を体感できる

定番ではありますが、もう都会と自然、欲張りなハイブリッド派の人はまずはここ!と思います!あとは英語が多少なりともいけるかなって人はアメリカ大陸西海岸、カナダ・バンクーバーやサンフランシスコもおすすめかな。

オアフ島のよいところは、車がなくてもバス網が発達してるので、結構遠出も出来ちゃうところ。アメリカ本土やハワイでも他の島はそうはいきません。それに空港やワイキキあたりでは、日本語が出来る人も結構いますので、英語が心配…って人でもやっぱり安心。

オアフ島の足、THE Bus バスの前のラックには自転車も積めます

海外でのひとり旅デビューもハワイからスタートするのもあり。ワイキキの中だとちょっとレストランの価格が高めだけど、ショッピングモールのフードコートなど選択肢も多いし、意外と探せばホステルや安めのコンドミニアムなんかもあります。

ハワイなんてビーチでひとり?なんて昔は思ってたけど、サーフィンレッスンに参加してみたり、ヨガしたり、ダイヤモンドヘッドに上ってトレイル歩いたり、ショッピング以外に自然も豊富なのがハワイのよいところ。ビショップミュージアムやチャイナタウンなど、アートや文化に触れたい人にもちゃんと対応できる施設や場所もありますよ。


ちなみに、オアフ島以外の島(マウイ島カウアイ島ハワイ島)に関しては、ひとり旅がかなりしにくい島です。理由は「車がないとめちゃ不便!」だから。日本語云々よりも公共交通機関が整っているかどうかで、海外個人旅行は快適度が変わります。もちろんレンタカーを借りられればよいですが、最初からそれは結構ハードル高いですよね?ということで、ハワイではオアフ一択!
最初のうちは、街がコンパクトであればあるほど、旅はしやすいかと思います。

クヒオ通りやアラワイ運河沿いをうろうろお散歩するだけでも気持ちいい

タイプ4・冒険派のあなたにおすすめ目的地は?

ひと昔前なら中国!たったんですけどねー。なんせお隣の国なのにこんなにもジョーシキが違うのか!のオンパレード。

お釣りは投げてよこす、デパートでは品物がなく「没有(メイヨー)」と言われて終わり、みたいな共産主義そのものなお店が、1990年代には上海などの大都市にもたくさんありました。それが今や…大都市はそんなカルチャーショックもたないんじゃないかな。最近行ってないからわかりませんが、報道などを見る限りそんな様子は全くなく、むしろ日本を凌ぐハイテクっぷり。

ということで冒険派のあなたにおすすめの初海外個人旅行は…

インド!

インドといえば!のタージマハール

理由

日本という国で培った価値観が引っ掻き回される(よくも悪くも)
広大な国土、さまざまな文化と景色を堪能できる
エンターテイメント充実、インド料理(好きな人は)最高
鉄道もバスもあるけど、毎回修行(冒険できる)

バックパッカーはインドにはじまりインドに終わる?と言われております。わたしは初海外旅行から初インドまで20年近くかかりましたが(笑)それでもなかなかの衝撃度でございました。

わたしはデリー周辺とその後は北のダラムサラというチベット文化が残る地方に向かったので、インドといえば!のガンジス川とバラナシにはまだ行ったことがないのですが、冒険派を自認する人には是非ともそこを目指してもはいたい!ちなみに写真にもあるタージマハールはインド北部のアグラ(アーグラ)というところにあるそうです。世界遺産の遺跡もたんまりあるインド。行くとわかりますが、インドの人みんなすごく親日的だし、ハマる人はハマるしダメな人は一生ダメっていうのもわかる気がする。

英語ができなくても、日本人宿もあるしなんとかなる!なんとかする!そんな気持ちで向かうと、自分の人生観がものすごく揺さぶられることだけは間違いないかと思います。インドは呼ばれないと行けないともいいますし、ご縁がある方、冒険したい人は、まずインド!っていうのは最高の選択肢だと思うなあ。人生を変えにインドに行くわけじゃないだろうけど、結果的にすごく変わったという人もまたたくさんいるのがインドという不思議な愛すべき国です。

そうそう、わたしのお友達でインドが好きすぎて、バラナシ居住歴もあるハイスペック女子が、インド女子旅サイトを立ち上げたようなので、ぜひ女性でインドに行ってみたい方は参考になさってくださいませ☆

Girls India 女子よインドを旅しよう

プチ冒険くらいでいいかなの人は・・・

次点ーカンボジア
3位ーヨーロッパ・ユーレイルパスの旅

冒険したいけど、女性でひとり旅で初でやっぱり心配…って人は、フランスやオランダなど、ユーレイルパス(格安で乗れるヨーロッパ鉄道フリーチケット)でのヨーロッパの鉄道旅はいかがでしょう?

寝台利用のときの盗難や置き引きなど、ヨーロッパは今まで行った中では世界で一番荷物に気をつける土地ですが、列車の旅は乗ってしまえば目的地に着くし、風景眺めてるだけでも楽しいのでおすすめです。

アジアなら今ならカンボジアかなー。

アンコールワット周辺は、今ならシェムリアップに空港もあって安宿もリゾートホテルも多いし、バイクタクシーで遺跡巡りしたり、多少値段交渉なども必要で、冒険の要素もありつつ東南アジアの旅の楽しさも味わえる場所かなと思います!

アンコールワットの日の出前(昔も結構人多かったけど今や大混雑!らしいですが)

あなたはどのタイプ?

今、わたしが海外未体験だったら、どこに行くかなあ・・・。結構迷いますね。ちなみに初のアジア旅はタイでした。当時「タイは若いうちに行け」っていうタイ政府観光局の秀逸なキャッチコピーが知られていて、それで釣られて・・・。タイも初海外には向いてるかなと思うけど、個人的に今のバンコクには観光の範囲が広すぎるのと、都会過ぎてそれほど魅力を感じてないので(笑)ランキングからは外れました。

ということで初めての海外じゃない方も、ぜひ次の旅先の参考になさってみてくださいね。どの国も旅行しやすく(インド以外)パックツアーを脱出するスタートにはよい場所だと思うので。

さあ、旅立とう!!

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply