1.5 JAPAN 日本 1.7 旅のお役立ち 1.7-1 Destination 目的地選び 2.4 Photo 写真

2017年、行ってよかった旅先ベスト3国内編

今年は国内も海外もあちこち行きました。

よく考えたら、今年ほど移動の多い年はなかったのではなかろうか。関東から関西へ引越しもしたしね!毎年ここ数年はあちこちいろいろ行っているけど、今年は特に海外比率も多くて楽しかったなー。いろいろ先行投資も多かったけれど、今の自分に一番必要なこと、と割り切って時間を投資しました。

2017年国内ベスト3!

国内はゲストハウスの取材にあわせてあちこち立ち寄ったりしたかな。福岡〜壱岐・広島・青森・北海道。ちらっと高知土佐山にも行ったり、和歌山にも数回足を運びました。今は大阪在住なので奈良・京都はふらりと行けるのがうれしいところ。

というわけで、今年行ったいろいろな場所から厳選、旅人Wandererユウコとしてここはよかった!な場所ベスト3を発表します〜。ここでのベスト3は、単純に景色の美しさやダイナミックさをメインにしています。個人的な旅の楽しさ的にはまたちょっと違う場所が選ばれそうですが・・・ではいってみましょう!

3位:秋の北海道の紅葉

10月末に行った北海道。
北海道は夏は1週間とか10日かけて巡ったことが数回あり、冬も流氷は見ていないものの、札幌雪まつりや道東の真っ白な世界は体験したことがありました。が、秋は行ったことがなく、あっという間に終わるという紅葉ですがぜひタイミングが合えば見てみたいと思い、出かけてみました。

初日は天気がすごくよく、北海道大学のポプラ並木や友人に連れていってもらったジャンプ台からの景色がすばらしかったです。最後の1日は雨模様だったのだけれど、雨に濡れた赤いナナカマドやカフェの風情が最高にステキで、とてもよい時間を過ごすことができました。

 

2位:和歌山 潮岬・湯の峰温泉

第2位は!いろいろ迷ったけれど、久しぶりに行ってやっぱりよかった!の本州最南端、和歌山潮岬と熊野本宮から近い秘湯湯ノ峰温泉を挙げてみました。ちょうどここに来る前の週にハワイ島最南端のサウスポイントに行っていて、次の週に本州最南端に行って、そのタイミングが個人的におもしろかったのと、天気もよく、さわやかで。

以前・・といってももう20年近く前、まだ2000年になっていない頃にここまで原付きカブでキャンプ旅をしたことがあり、その記憶をうっすら辿ったりして。

湯ノ峰温泉はつぼ湯が有名で、ここも2度ほど来たことがあったけれど、今回は公衆浴場へ。
この薬湯がすばらしかった!また行きたい!風情もよくて、今外国人もかなりたくさん来ています。廃旅館がホステルになっているところも発見したので、今度はそこに宿泊して熊野本宮や他の温泉めぐりもあわせてのんびり3日くらい養生したいものです。

1位:青森 蔦沼&青荷温泉

7月に行った青森八甲田周辺。蔦沼というところがあって、近くに蔦温泉という名湯があります。ここの遊歩道が本当に好きで、ここも2度ほど来たことがあったのだけれども、偶然写真家のMOTOKOさんもここが大好きだという話を聞いて、ご一緒することになりました。
夏が始まった!というような日差しのなか、レンタカーでうろうろ。久しぶりの蔦沼もまた素晴らしかった。時間的にあまりゆっくり七沼めぐりはできなかったけれど、好きなところは何度来てもやっぱり麗しくて最高なのだなあと改めて感じたのでした。秋の紅葉が有名だけど、新緑もなかなかのものです。(でも秋も行ってみたい)

ここはランプの宿青荷温泉。青森市内から少し離れたところにある知る人ぞ知る宿。わたしは名前だけ知っていたのですが、行ってみてすごくよかった!!!温泉はここだけではなく数カ所あって、露天や貸切風呂などもある。でもそんな温泉の内容や泉質だけじゃなく、ここに至るまでの道程、全貌、(トイレなどは電気を通してるのに)ランプだけで灯りをともすその風情が素晴らしい。これぞ日本のエンターテイメント。今は海外からの人にはそれほど知られてないけれど、そのうちものすごく人気になりそうな、そんな宿。日帰り温泉もあるのがうれしいところです。

2017年ベスト3は北海道・青森・和歌山からでした!

来年はどこにどのくらい出かけることができるのか?全然わかりませんが、出来る限りいろんなところに行き、写真に撮ったり動画にしてシェアしたりして、みなさんにもおすそ分けできたらなと思っています。

海外編は2018年に持ちこしかな? 今年も1年Live a good life ブログをお楽しみいただきありがとうございました!また来年もどうぞよろしくお願いいします〜

 

Social Share

You Might Also Like