Travel 旅 スリランカ

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズ滞在1日目ー2度目のスリランカ旅

はじめに

スリランカへのアーユルヴェーダホテル滞在メインの旅、きっかけや何故このホテルにしたか?などはこちらをご覧ください〜 

アーユルヴェーダメインのスリランカ旅1週間。

夕方、ホテルにチェックイン!

空港からタクシー(普通のHONDAの乗用車。日本の中古?みたいでカーナビが日本語表記だった!)で30分ちょっと、ネコンボの町中を通り過ぎ、海沿いのホテルが立ち並ぶゾーンにやってきました。

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズ

入口は狭いですが、中は結構広い。外はわりとごちゃごちゃしてて暑い!ですが、ホテルに入ると多くの木々があるせいか、とても静かで落ち着く空間が広がっていました。

レセプションで名前を伝え、奥のレストランでウェルカムドリンク。

パパイヤとパイナップルとメロンとパッションフルーツのミックスジュースをいただきました。

ちなみにパイナップルはアーユルヴェーダ的にどの体質もアウトのようで出てきません。前に行ったホテルでも同様でした。それ以外の普通のホテルではバンバンガンガン出てきます(笑)

想像してたよりいい感じ!プールも素敵

夕刻でお天気もそれほどよくなかったですが、プールに入っているお兄さんがいました。が、おそらくこの人はプールエクササイズのインストラクターだと思われ。6月は雨期&ヨーロッパ人が休み取りにくいからか閑散期で、どこのホテルも閑古鳥が鳴いております。

チェックインが終わると荷物とともにお部屋に案内されます。

ここアーユルヴェーダパビリオンズは、12棟くらい?の専用庭つきのヴィラと、4階建ての建物の2タイプがあります。わたしは一番安価なお部屋タイプにしたのですが果たしてどんな感じなのかしら?と期待とドキドキでいっぱいです。

:: SPONSERD LINK ::

お部屋へGO

4階建てのビルディング、屋根は普通の瓦葺きみたいな不思議なつくりです。そこの最上階の部屋に案内されました。

あとで気づいたんですが、どうやら5泊以上の長期滞在者には優先的にこの最上階があてがわれるみたい。他の部屋よりも天井が高くて広いんです。(ただし、この部屋だけエアコンがない・・)

天蓋付きベッド、リビングとベッドで段差があるのもよい

お部屋はこの写真を撮ったのは夜だったからカーテンしてあるけど、全面ガラスで開放的、向かって左奥が入口とソファが置いてある小さなテラス空間。階段を3段程度上がったところに天蓋つきのベッドがあります。

 この天蓋、オシャレでもなんでもなくて、思いっきり「蚊帳」です。
エアコンがないからたまに窓やドアを開け放って涼んだりするんですが、そのときに多少入ってくるんですよね、蚊さんが・・・。特に夕方からがやばくて、そう言えば初日は使い方がよくなかったからこの天蓋の中まで侵入してきてかなりストレスフルだった、ということを今思い出しました(笑)

写真左手に見えるのがドライヤーやセキュリティBOXが入っているクローゼット兼荷物置き。TVなどはありません。
でもWi-Fiはフリーで使えました。

バスタブはなくてシャワーのみ。アーユルヴェーダの施術後はオイルでベタベタなので、毎日2回くらいここにはお世話になります。トイレの水圧も普通によかったです。手動ウォシュレット(とわたしは呼んでいる)東南アジアではよくみるタイプの患部用シャワーもついてました。

そうそう、あと写真には撮らなかったですが、机の上には必ず「お水」が置かれてますが、いわゆる珈琲紅茶のアメニティは一切ありません。その代わり湯沸かし器が置いてあって「白湯」は飲めるようになってます。

木が多くて雰囲気GOOD!虫は・・・

夜のプール。ロマンチック〜がしかし、結局一度きりしか入らなかったです。意外と毎日忙しいんですよね〜スケジュール。

しかしこれだけ木が多く茂っていると、いるのですよ虫さんたちが。特に蚊はどこにでもいました。ホテルのクチコミにも結構書かれてましたねー。でもだからといって殺虫剤ブン撒くのがエライかというと、なんとなくアーユルヴェーダ精神に反しているような気もするし、難しいところです。

初日のディナーはどんな感じかな?とワクワクしながらレストランに向かいます。

初日は普通のディナーメニュー

閑散期で人はまばら。見る限りほとんど全員日本人・・・?

カップルもいますが、一人で来ているわたしのような人もいるし、2,3人のグループ、初日は女性7人くらいのグループもいたかな?前回のアーユルヴェーダホテルはビュッフェだったので、今回のサーブしてもらうタイプのは初。

初日は体質チェックもないので、メインを1つ選んでコース料理が運ばれてきました。

前菜の春巻き風の何か。覚えてない(笑)

メインのマッシュポテトとチキンのソテー。このチキンがちょっと胡椒が効きすぎててびっくり。(この時以外は基本全部薄味でした)

たぶん、スリランカ名物のプリン風デザート。お砂糖ではなく黒糖みたいなものを使うので味もマイルド。上にかかっているのはスイカと青いパパイヤを刻んだものだったような。斬新!

いよいよ明日朝からアーユルヴェーダ施術がはじまります!

アーユルヴェーダホテルではたぶんどこもそうだと思いますが、カフェイン類とお酒は一切出ません。
紅茶の国なのに紅茶がなーい!のは悲しいですが、仕方ない。基本ハーブティです。ここで出てきたハーブティはちょっと麦茶っぽい感じのお茶で、毎回スリランカのお砂糖「Jaggery ジャガリ」が付いてきます。黒糖みたいな味。今調べたら「クジャク椰子の蜜を固めたもの」だそう。

初日はそんな感じで穏やかに過ぎ、ベッドに入りました。(その後、ベッドの中で蚊との戦いがはじまるのですが。キンカン持っていっててよかった!)

 

2017スリランカ旅の様子をまとめて読みたい!

そんな方はこちら(2017スリランカのタグ一覧)からどうぞ!
更新日順にご紹介していますー

 

You Might Also Like