1-Travel 旅 1.02.1 Sri Lanka スリランカ 1.8 Therapy Travel

3日目ースリランカ・アーユルヴェーダマハゲダラホテル滞在記

 

アーユルヴェーダホテル滞在中の日記を公開!

アーユルヴェーダホテルに滞在中、毎日がんばって日記をつけていました。
今読み返すと、かなりリアルな体験談としておもしろいので、なるべくそのままの文体でみなさまにもシェアします。6月7日〜15日までの9日間のリアルな記録。お楽しみください!

6月9日ー滞在3日目

昨日夜もまた寝落ちに近い状態で寝てしまった。
3時に起きて、あわてて電気消して寝る。
ヨガの時間になっても、まだぼけーーっとしていたので、2日目ながら
今朝はキャンセルして朝食へ。

カートでアーユルヴェーダセンターへ連れていってくれる。距離はたった50mだけど・・・
周りの池には蓮が咲いていて、リスが走り回っていてなんとも素敵な景色。

カートでゴトゴト・・・

カートでゴトゴト・・・

施術が本格的になってきました

9:00 Shiro Abyanga
シロダーラのシロで、頭皮のマッサージ。
あまり力は強くなく、オイルを浸透させるかんじ。

9:30 Vaktra Abyanga
昨日と同様、フェイシャルマッサージ。
フェイシャルはボディとは違うセラピストがやってくれる。
担当がいろいろあるらしい。

10:00 Mrudu Sharira Abyanga
こちらも昨日と同様、2人で行う全身トリートメント。
息をあわせてやるのって結構難しい気がするんだけど、調子はあっていた。
ただやっぱり手の個性みたいなのは出る。

10:30 Herbal bath
入っていた5号室のハーブバスの調子が悪かったようで、隣に移動してハーバルバス。
やたらとトイレが近い。

mahagedara19

アーユルヴェーダセンター中庭の休憩エリア

今日もドクターコンサルテーションがありました

11:00 Dr’s consultation
きょうは 通訳なしと判断されたか、違うドクターとサシで面談。
やっぱり女医さんだった。話してるうちになんだか泣けてきた。

結婚、離婚、今の生活について。「現状満足はしているけれど、疲れ、それもここ10年の疲れが出ている気がする」という話をしたら、「あなたはとても強い人です」と言われて、「でも、ときどき女性的なソフトな部分と、ハードな部分のバランスが崩れて、そのときに流れが悪くなって滞りが出るのだろう、アーユルヴェーダは、そのバランス、からだとこころのバランスを取るところに特徴がある。これからそのあなたのバランスを整えることで、あなたのこれからの生活をよりよくしていくお手伝いをしていきます、」みたいなことを言われる。

ちょっと体重も落としたいというと朝はフルーツ、昼はモリモリOK、夜は少なめに、という至極まっとうなアドバイスをうける。が、体重計に乗ったら、さっきまた記録更新的な数値が出てた・・・マジか。

mahagedara21

ビュッフェで毎日食べられる新鮮なフルーツたち

夕方、瞑想クラスに出る

17:00 Meditation

アーユルヴェーダセンターに併設されているヨガスタジオに行くと、そこにはなんと正真正銘スリランカのお坊さんがいた。わお! 同じ仏教国だからか?日本人に好感を持っているようで、少し話かけられる。9月に日本に行くらしい。暑い?寒い?と聞かれて、前半だったら今のここと同じ位ですよと答えるとちょっとホッとしていた。寒いのが苦手らしい。

紙に書かれてた時間が17時30分だったので、みんなその時間に来たけど、じつは17時スタートだった。私はドクターに17時と言われてたからそれに従ってたらそれが正解だった。

てことで、最初は貸し切り状態。

<瞑想のシンプルなやり方。>

1  I am here . My mind is with me. 私はここにいます。私の心もここにいます。
と心の中で言い続ける。これで20分

2  息を大きく吸って吐いて、を繰り返す瞑想 20分

3  マインドフルネス
宇宙とつながるみたいな話を聞きながら瞑想する 20分

途中で足が痺れたけど、風が心地よくてとても良い時間だった

mahagedara22

仏像が鎮座するメディテーションルーム

夕方〜夜

夕陽が綺麗だったので、写真を少し撮ってから夕食へ。
帰ってきて少しFacebookみて、今日のふりかえり。

顔が少しピカッとしてきているような気がする。
フェイシャルが効いてるかな?他はまだあまり実感湧かず。
明日からスペシャルなトリートメントが増えるのでまた楽しみ!

 

3日目を振り返って

施術が少しずつ本格的になってきました。いろいろスケジュールが書かれてあるけれど、基本的に午前中の2時間程度で連続して終わるようになっている。ただし全てのトリートメントで担当が少しずつ違っていて、フェイシャルのときはこの人、ダブルマッサージのときはこの人とこの人、みたいに入れ替わりはある。

毎日25部屋埋まっているときなんかは、このシフトを組む人がすごく大変だろうな〜とか思ってしまうのは、そういう仕事をしていた経験からでしょう・・・。

この日はなんといってもドクターの問診が素晴らしかった。今までの人生と体調。これをリンクさせて考えるのは、わたし自身いつもお客さまに問うていることだし、絶対的に関係があって、そこを見ないと本当の意味での健康には近づけないと思っているけれど、今までそれを医療機関でされたことなど一度もない。

アーユルヴェーダドクターは、スリランカでは国家資格で西洋医学と同等の価値がある権威ある存在。(セラピストとドクターでは着ている服も全く違う。女医さんはスリランカのサリーみたいな格好でかわいい)聡明な若い女性ドクターは、やさしく丁寧にわたしの話を聞き、そしてにこやかに諭すようにゆったりとした口調で、これから一緒によくしていきましょう、と言ってくれた。

あ〜日本にもこんな本気の施設があればいいのに!と切に思う。ここのドクターは5人で、そのうちの3名が女性だった気がする。メインドクターはわりと年配のDr.Narindra という男性で、彼にはもう少し経ってからお話することになるのでした。

そうそう、瞑想の時間も素晴らしかった。その話はまた後日!

mahagedara18

Social Share

You Might Also Like