about me

guesthouse press

moanablue

Travel 旅 ゲストハウス 日本

ホトリニテは日本の宿のよさをバージョンアップさせた新時代の宿泊施設

ホトリニテって?

ホトリニテは、富士五湖のひとつ、山中湖畔にある元保養所を改装してできた宿。和室中心の素泊まりで、1階には広いライブラリーのようなスペースがある、オーナーのこだわりと美学が詰まった宿です。まわりは近代的なビル形式のホテルや、潰れたり潰れかけたりしているお土産屋さんが並んでいるなか、木造建築のまま前庭の植栽も残されたこの空間だけが、別世界のように感じられます。

ホトリニテ玄関を道路から眺める

オーナーの高村直喜さんが宿の運営・清掃その他諸々ほぼすべておひとりで担っておられます。
一見フツーの宿。設備もそんなに豪華なものはありません。けれど、全館どこを見ても、もともとミュージシャンでアート方面にも長けている彼のセンスがいたるところに感じられる空間になっています。

のれんも数種類あり、全てアーティストによるオリジナルもの。

2年半ぶりの訪問でした

最初にこの宿のことを知ったのはかなり偶然、確か2013年頃。当時はWebサイトもなくて、ブログをサイト代わりにしておられました。ブログのデザインは普通にテンプレそのままで、オシャレとかそういう感じじゃなかったけれど、内容を読むと、「ん、これはすごいところかもしれない。行ってみなくては!」と思い、足を運んだのでした。

その頃ちょうど「ゲストハウスプレス」を立ち上げようとしていて、おもしろいことをやっている宿やゲストハウスの情報を探っていて、「ここはゲストハウスとはいえないかもしれないけど、安いしキレイだし、ブックライブラリーとかあるし、すごくよさそう!」と直感しました。

宿の窓からは方角的に見えないけれど、目の前の山中湖からは富士山が見える

初めて訪問して泊まって。めちゃめちゃ感動して、チェックアウトのときにご挨拶したオーナーの高村さんに「実はゲストハウスのようなあたらしい形式の日本の宿をまとめたWebやフリーペーパーをつくりたくて」思わず話してしまったら、そこから確か2時間くらいお互い立ち話のまま、意気投合。「そんな人が現れるのを待ってました!」みたいなことを言われ、勇気百万倍になったことを覚えています。

それから数ヶ月して、ゲストハウスプレスのフリーペーパーVol.4に登場いただくこととなり、その後もちょくちょく訪れるようになりました。それが2014年頃のこと。 

つづきを読む